サービス

そもそもRPAってなに?

RPA

RPAとは、RoboticProcessAutomationの事です。

RPAは、別名Digital Labor(仮想知的労働者)と呼ばれており、日本ではソフトウェアロボットとも呼ばれています。RPA自体は概念として使われていることが多いですが、実は大きく二つに分けることができます。

一つ目は、RDA:Robotic Desktop Automationです。これは各デスクトップにインストールされたロボットのことを指します。二つ目はRPA:Robotic Process Automationと言い、RDAのすべてをコントロールするマザーの役割を担っています。

RPA導入のメリット

人件費カット
ソフトウェアロボットを導入することにより業務が効率化し、RPAを運用した業務に関わる要員をカットする事ができます。また、人件費がカットされるだけではなく、より重要な業務につく事が可能です。

生産性アップ
RPAのソフトウェアロボットは、人間が作業するより多くの仕事量をこなすことができます。しかも人間が稼働できる時間は限られていますが、ロボットは24時間365日稼働が可能です。

品質/精度アップ
手作業をすることによって発生していたヒューマンズエラー、業務担当者のスキル不足や業務知識不足により引き起こされていたオペレーションミスなどを、RPAロボットの導入により完全に無くすことができます。
また、コールセンターのオペレーター業務などでは、RPA半自動ロボットを導入することでアップセルやクロスセルなどの販売促進を支援したり、お客様へのサービス品質を向上させることも可能になります。

RPAのココがすごい!

従来の作業では様々なアプリケーションを駆使しながら、業務をおこなっていました。しかし、いざ自動化を試みようとしてもプログラムの構築やアプリケーションの相互関係が問題になり容易にする事はできませんでした。

かし、RPAはアプリケーションの互換性を関係なく使用することができます!

RPAの実態

なぜ、RPAが互換性のないアプリケーション同士を連携させられるにはいくつかの理由があります。その大きな要因として使用されている技術が違うと言う事です。

・脳:ルールエンジン、ワークフロー
・目:構造解析技術、画像認識技術、OCR(光学的文字認識)
・手:マウス・キーボード操作、アプリケーション操作

これらの技術が備わっているので、既存のアプリケーションへの書き換えや改変をしなくても連携が取れるのです。

ソリューション

弊社ではRPAおよびRDAに関するプロダクトを複数提供しております。
お客様の用途に合わせてお選び頂けます。もちろん組み合わせの活用も可能です。

  • Home
  • そもそもRPAってなに?