【OSSチャレンジ】 第1回 Bacula紹介:前編

2017.2.20


はじめに

mm5rpmpc9k4-maarten-van-den-heuvel.jpg

皆様、PCやVMのバックアップなどを取りたいと思ったことはないでしょうか。今回のブログではオープンソースのバックアップソフトウェアであるBaculaを紹介させていただきたいと思います。*次回にバックアップの確認をします。

Baculaとは

sk1_jk-zhoo-clem-onojeghuo (1).jpg

Baculaはオープンソースのバックアップソフトウェアです。日本では「bacula.jp」において、公式ドキュメントの翻訳や、インストール手順などを紹介して下さっています。勉強会なども開催しているのでご興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。私たちアドックインターナショナルはOSC2016TOKYO/Fallで出展者として一緒になった際にご挨拶させていただき、勉強会にも参加させていただきました。

Bacula-server構築

さて、それではバックアップを取るためのBacula-serverを構築していきましょう。今回はOpenStackのVM上にあるディレクトリをバックアップしていきます。VMはCentOS7のイメージを使用します。

bac110.png

上図の「test-server」のバックアップを「backup-test」で取得します。まずはbackup-serverの構築と設定をしていきましょう。基本的な構築手順は「bacula.jp」のHPに沿って行っていきます。それではリポジトリの登録からはじめます。

#yum -y install wget
#cd /etc/yum.repos.d/
#wget https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/slaanesh/Bacula/repo/epel-7/slaanesh-Bacula-epel-7.repo

リポジトリの登録が終わったら実際にインストールしていきましょう。

#yum -y install bacula-director bacula-client bacula-storage bacula-console mariadb-server

Bacula、そしてデータベースとして使用するMariaDBのインストールを行いました。次にMariaDBを起動し、データベースの作成をしていきましょう。

#systemctl start mariadb

#systemctl status mariadb

 MariaDBを初期化し、rootのパスワードを「dbpass」と設定します。その他の箇所はEnterキーの押下して飛ばします。

 #mysql_secure_installation

次にBacula用のDBを作成します。

[root@backup-test yum.repos.d]# mysql -u root -p
Enter password: 
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 10
Server version: 5.5.52-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database bacula;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all privileges on bacula.* to bacula@localhost identified by 'dbpass';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye
[root@backup-test yum.repos.d]# 

続いてbacula用のテーブルを作成し、データベースの切り替えを行います。

#/usr/libexec/bacula/make_bacula_tables mysql -u bacula -p

パスワードを聞かれるので先ほど設定したrootパスワードを入力しましょう。

[root@backup-test yum.repos.d]# alternatives --config libbaccats.so

There are 3 programs which provide 'libbaccats.so'.

  Selection    Command
-----------------------------------------------
   1           /usr/lib64/libbaccats-mysql.so
   2           /usr/lib64/libbaccats-sqlite3.so
*+ 3           /usr/lib64/libbaccats-postgresql.so

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 1
[root@backup-test yum.repos.d]# 

DBの切り替えは、DBを番号で選択して切り替えます。今回はMariaDBなので「1」を指定します。

つづいてBaculaの設定に移りましょう。Baculaの設定ファイルは/etc/bacula配下にあります。

[root@backup-test yum.repos.d]# 
[root@backup-test yum.repos.d]# cd /etc/bacula/
[root@backup-test bacula]# ls -l
total 32
-rw-r-----. 1 root bacula 8991 Feb  8 13:52 bacula-dir.conf
-rw-r-----. 1 root root   1067 Feb  8 13:52 bacula-fd.conf
-rw-r-----. 1 root root   7876 Feb  8 13:52 bacula-sd.conf
-rw-r-----. 1 root root    249 Feb  8 13:52 bconsole.conf
-rw-r-----. 1 root bacula  312 Feb  8 13:52 query.sql
[root@backup-test bacula]# 

bacula-dir.conf:Bacula-serverの元となるdirectorの設定をします。
bacula-fd:バックアップ対象でとの設定をするfile-daemonの設定ファイルです。今回はクライアント側で設定します。
bacula-sd:バックアップを保存する「storage-daemon」の設定をします。今回はbacula-serverの中で動きます。
bconsole.conf:baculaをCLIで操作する際のコンソールの設定をします。

まずは「bacula-dir.conf」から見ていきましょう。

#vi bacula-dir.conf

Director {                            # define myself
  Name = bacula-dir
  DIRport = 9101                # where we listen for UA connections
  QueryFile = "/etc/bacula/query.sql"
  WorkingDirectory = "/var/spool/bacula"	
  PidDirectory = "/var/run"
  Maximum Concurrent Jobs = 20
  Password = "consolepass"         # Console password
  Messages = Daemon

Directorの項ではPasswordのみ変更しました。Directorと通信する際に使用されます。

Job {
  Name = "JOB-Backup"
  Type = Backup
  Level = Full
  Client = bacula-fd
  FileSet = "Full Set"
  Schedule = "WeeklyCycle"
  Storage = File1
  Messages = Standard
  Pool = File
  Priority = 10
  Write Bootstrap = "/var/spool/bacula/%c.bsr"
}

Jobの項はバックアップのセットを記載しています。ClientやScheduleなど、実際の設定は後で細かく設定します。

# List of files to be backed up
FileSet {
  Name = "Full Set"
  Include {
    Options {
      signature = MD5
    }
#
#  Put your list of files here, preceded by 'File =', one per line
#    or include an external list with:
#
#    File = <file-name
#
#  Note: / backs up everything on the root partition.
#    if you have other partitions such as /usr or /home
#    you will probably want to add them too.
#
#  By default this is defined to point to the Bacula binary
#    directory to give a reasonable FileSet to backup to
#    disk storage during initial testing.
#
#    File = /usr/sbin
    File = /
  }

#
# If you backup the root directory, the following two excluded
#   files can be useful
#
  Exclude {
    File = /var/spool/bacula
    File = /tmp
    File = /proc
#    File = /tmp
    File = /sys
#    File = /.journal
#    File = /.fsck
  }
}

FileSetの項はバックアップ対象のバックアップするディレクトリを規定しています。「File = /」で / 以下の階層のバックアップを取ること、Exclude { }はバックアップ対象から除外する階層を定義します。

Client {
  Name = bacula-fd
  Address = 192.168.100.238
  FDPort = 9102
  Catalog = MyCatalog
  Password = "fdpass"          # password for FileDaemon
  File Retention = 60 days            # 60 days
  Job Retention = 6 months            # six months
  AutoPrune = yes                     # Prune expired Jobs/Files
}

バックアップ対象を記載します。今回はAddressを書き換えただけでした。Clientが多くある場合はNameを分けて分かり易くしましょう。

Storage {
  Name = File1
# Do not use "localhost" here
  Address = 192.168.100.237                # N.B. Use a fully qualified name here
  SDPort = 9103
  Password = "sdpass"
  Device = FileChgr1
  Media Type = File1
  Maximum Concurrent Jobs = 10        # run up to 10 jobs a the same time
}

続いてStorageの項です。ここは「bacula-sd」がある場所を記載します。実はここの項で少しはまりました。最初、SDは同VMだからAddressにはloopbackのアドレスの「127.0.0.1」を設定していたのですが、バックアップに失敗していました。実際にはFDがSDに接続してくるので、FDから通信のできるAddressにしておかないといけません。なんで「Do not use "localhost" here」と記載されているのかよく分かりました。

# Generic catalog service
Catalog {
  Name = MyCatalog
  dbname = "bacula"; dbuser = "bacula"; dbpassword = "dbpass"
}

Catalogの項はDBの情報を記載します。Name,userは変わりないのでdbpasswordのみ記載します。

Console {
  Name = bacula-mon
  Password = "consolepass"
  CommandACL = status, .status
}

Consoleの項ではpasswordを変更します。

これで「bacula-dir.conf」の設定は終了したので、続いて「bacula-sd.conf」の設定をしていきましょう。

#vi bacula-sd.conf

Storage {                             # definition of myself
  Name = bacula-sd
  SDPort = 9103                  # Director's port
  WorkingDirectory = "/var/spool/bacula"
  Pid Directory = "/var/run"
  Maximum Concurrent Jobs = 20
}

Director {
  Name = bacula-dir
  Password = "sdpass"
}

#
# Restricted Director, used by tray-monitor to get the
#   status of the storage daemon
#
Director {
  Name = bacula-mon
  Password = "consolepass"
  Monitor = yes
}

Storageの項は変更ありません。DirectorでBacula-monとの接続を記載します。Passwordはdir.confで設定しました。

「bacula-sd.conf」の設定も終わったので、「bconsole.conf」に行きましょう。Bacula-serverはこれで最後です。

#vi bconsole.conf

Director {
  Name = bacula-dir
  DIRport = 9101
  address = localhost
  Password = "consolepass"

以上で、server側の設定は完了です。

おわりに

長くなってきたので、クライアント側の設定と実際にバックアップの実行は次回にさせていただきたいと思います。お付き合いいただきありがとうございました。

文:阪本良平

cfplr9zgnak-alberto-restifo.jpg



OSSと同じカテゴリーの記事


OpenStackと同じカテゴリーの記事


バックアップと同じカテゴリーの記事



RSS
最近のエントリー
2017.4.21
【検証自動化】第6回 AT-CLabを使ってみる
2017.4.21
【OSSチャレンジ】第4回 Elasticsearch紹介
2017.4. 7
【OSC2017 Tokyo/Spring】OpenStackを宇宙で!?
2017.3.28
【OSSチャレンジ】 第3回 Bacula紹介:後編
2017.3. 9
【OpenStackチャレンジ】 第29回 Ocata紹介編
2017.2.24
【OSSチャレンジ】 第2回 Docker紹介編
2017.2.20
【OSSチャレンジ】 第1回 Bacula紹介:前編
2017.2. 1
【体験記】最後のフロンティア!? ~ミャンマー 体験記~
2017.1.18
【データベース】pgpool-IIによるDBサーバ負荷分散
2016.12.16
【ログ解析】第2回Splunkのログ解析
2016.12. 9
LPIC304 体験記
2016.11.19
【OSC2016 Tokyo/Fall】VRとOpenStackを連携
2016.11.11
【次世代通信技術】 第1回 5G入門編
2016.10.28
【ログ解析】第1回Splunkの紹介と起動
2016.10.21
【OpenStackチャレンジ】 第28回 Stackalytics登録編
2016.10.14
【OpenStackチャレンジ】 第27回 OpenStack Newton紹介編
2016.10. 7
【検証自動化】第5回 Selenium IDEで記録したテストをJenkinsのジョブから実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【後編】
2016.9.30
【OpenStackチャレンジ】 第26回 Neutron環境構築編
2016.9.23
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第6回 きれいなログにするためのLinuxお作法
2016.9.16
【OpenStackチャレンジ】 第25回 Nova環境構築編
2016.9. 9
【OpenStackチャレンジ】 第24回 Cinder環境構築編
2016.9. 2
【OpenStackチャレンジ】 第23回 OpenStackコミュニティ~翻訳編
2016.8.26
【OpenStackチャレンジ】 第22回 Glance環境構築編
2016.8.19
【検証自動化】第4回 Selenium IDEでテストケースを記録・実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【前編】
2016.8. 9
【OpenStackチャレンジ】 第21回 OpenStackコミュニティ 日本語翻訳チーム参加編
2016.8. 5
【OpenStackチャレンジ】 第20回 構成管理ツール「Ansible」を用いたOpenStack上のサーバ構築
2016.7.29
【検証自動化】第3回 IT検証フォーラム2016に出展しました!
2016.7.22
【OpenStackチャレンジ】 第19回 OpenStack Upstream Training編
2016.7.15
【検証自動化】第2回 TestShell+TestCenter連携編
2016.7. 8
【OpenStackチャレンジ】 第18回 HEAT紹介編
2016.7. 4
QNAP紹介(Dockerコンテナ&OpenStack Swift連携)
2016.6.26
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第5回 GitHubを使いこなそう
2016.6.19
【OpenStackチャレンジ】 第17回 Zabbix環境構築編
2016.6.12
【検証自動化】第1回 TestShell編
2016.6. 5
【OpenStackチャレンジ】 第16回 Mirantis 「OpenStack FUEL管理」セミナー紹介編
2016.5.29
【OpenStackチャレンジ】 第15回 Swift環境構築編
2016.5.22
【OpenStackチャレンジ】 第14回 Keystone環境構築編
2016.5.15
【OpenStackチャレンジ】 第13回 Mirantis OpenStack紹介編
2016.5. 2
【OpenStackチャレンジ】 第12回DevStack~ Ironic環境構築編
2016.4.24
【OpenStackチャレンジ】 第11回 インフラエンジニア必見のOpenStackセミナーを開催しました!
2016.4.17
【OpenStackチャレンジ】 第10回 OpenStack Mitaka紹介編
2016.4.10
【Linuxを使いこなす】 CentOSのローカルリポジトリを構築しよう
2016.4. 3
【OpenStackチャレンジ】 第9回 仮想マシンが起動するコンピュートノードを指定してみよう
2016.3.29
【OpenStack チャレンジ】 第8回 ゲストマシンの性能比較をしてみました!
2016.3.19
【OSC2016】第3回 ChatOpsでOpenStackをAPIから制御する
2016.3.12
【OSC2016】第2回Let'sChat Hubot編
2016.3. 4
【OSC2016】第1回ChatOpsの構築
2016.1.31
【OpenStackチャレンジ】 第7回 DevStack~All-In-One Single Machine編
2016.1.22
【OpenStackチャレンジ】 第6回 policy.json紹介編
2016.1.13
【OpenStackチャレンジ】 第5回 Ceilometerについて知ろう!
2016.1. 8
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第4回 VMware基本動作編
2015.12.24
【1年間ありがとう!】2015年度エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2015.12.18
【SDNチャレンジ】 第29回 Mininet編
2015.12.14
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第3回 VMwareインストール編
2015.12.10
【OpenStackチャレンジ】第4回 ConoHaでOpenStack環境を構築!
2015.12. 4
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第2回 VirtualBox基本動作編
2015.12. 4
【OpenStackチャレンジ】 第3回 OpenDaylight(Lithium)との連携に挑戦!
2015.11.27
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第1回 VirtualBoxインストール編
2015.11.20
【SDNチャレンジ】 第28回 WiresharkでOpenFlowを解析しよう!
2015.11.15
OpenStackの技術者認定資格「OPCEL認定試験」に合格しました!
2015.11. 9
「Windows Server 2003」から「Windows Server 2012 R2」への移行に不安を抱えるお客様へ
2015.11. 6
【SDNチャレンジ】 第27回 OpenMUL編
2015.10.30
【SDNチャレンジ】 第26回 ONOS-BGPルータ編
2015.10.23
【SDNチャレンジ】 第25回 ONOS GUI編 / [告知]10/24(土),25(日)にOSCに出展します!
2015.10.16
【SDNチャレンジ】 第24回 ONOSインストール編
2015.10. 9
【SDNチャレンジ】 第23回 OpenDaylightユーザ会に参加しました/Lithiumインストール編
2015.10. 2
【SDNチャレンジ】 第22回 Trema-edge編
2015.9.29
【OpenStackチャレンジ】 番外編 10/26(月)からLPI-Japanの「OPCEL認定試験」がスタートします!
2015.9.25
【SDNチャレンジ】 第21回 POX編
2015.9.18
【OpenStackチャレンジ】 第2回 コンポーネント紹介編
2015.9.11
【SDNチャレンジ】 第20回 Floodlight編
2015.9. 4
【OpenStackチャレンジ】 第1回 OpenStackインストール編
2015.9. 3
【ウェブサイトのロードテストをする】 最終回 Siege編
2015.8.28
【SDNチャレンジ】 第19回 Raspberry Piでユースケースに挑戦!
2015.8.21
【SDNチャレンジ】 第18回 OF-Patch動作編
2015.8.13
【SDNチャレンジ】 第17回 OF-Patch紹介編
2015.8. 7
Windows10をインストールしてみました!
2015.8. 4
【ウェブサイトのロードテストをする】 第3回 Tsung編
2015.7.31
【SDNチャレンジ】 第16回 Ryuコントローラインストール編
2015.7.25
【SDNチャレンジ】 第15回 Open vSwitch性能試験編
2015.7.17
【SDNチャレンジ】 第14回 Tcpreplay編
2015.7.17
RedHat OpenStack 管理者認定試験に合格しました!
2015.7.11
【SDNチャレンジ】 第13回 Vyattaコントローラ REST API編
2015.7. 3
【SDNチャレンジ】 第12回 Vyattaコントローラ動作編
2015.7. 1
【ウェブサイトのロードテストをする】 第2回 curl-loader編
2015.6.26
【SDNチャレンジ】 第11回 OpenDaylight動作編②
2015.6.19
【SDNチャレンジ】 第10回 OpenDaylight動作編①
2015.6.18
【ウェブサイトのロードテストをする】 第1回 Apache JMeter編
2015.6.12
【SDNチャレンジ】 第9回 リピーターハブとラーニングスイッチの動作比較編
2015.6. 5
【SDNチャレンジ】 第8回 Tremasharkインストール編
2015.5.25
【SDNチャレンジ】 第7回 帯域制御・ファイアウォール・パケット書換え編
2015.5.22
【SDNチャレンジ】 第6回 ラーニングスイッチ作成編
2015.5.15
【SDNチャレンジ】 第5回 Raspberry Pi2にOpen vSwitchをインストール
2015.5. 8
【SDNチャレンジ】 第4回 5/13(水)、14(木)、15(金)の展示会にて検証自動化デモを実施します!
2015.4.27
【SDNチャレンジ】 第3回 Tremaリピーターハブ編
2015.4.21
【SDNチャレンジ】 第2回 OpenFlowコントローラ作成編
2015.4.14
【SDNチャレンジ】 第1回 Tremaインストール編
2014.8.20
【注意!】8月13日のWindows Updateを適用すると起動できなくなる事例が報告されています!
2014.5.23
約6割の企業が悩んでいるのに、対策しないんですか...?
2014.1. 9
新年あけましておめでとうございます。
2013.12.24
2013年エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2013.12.17
コミュニケーション「活性化」の第一歩
2013.10.29
なぜ儲かっているのか分からない!?
2013.10.15
「何を変えるのか、何に変えるのか、どのように変えるのか」
2013.9.17
ブラック企業にドラッカーがアドバイスするとしたら?
2013.9. 4
蟻の穴から堤も崩れる
2013.8. 6
派閥じゃなくて、理念の元に仕事をしよう!
2013.7.31
知識は使ってナンボです!
2013.7.30
御社の相互理解度はどれくらい?
2013.7. 3
何故、それが読まれたか~上半期・エンジニアブログ閲覧数ランキング~
2013.6.12
「何」を知っているかではなく、「誰」が知っているか
2013.5.28
戦後、人間尊重の信念を貫きとおした1人の経営者がいた!
2013.5.24
健康な心が、健康な会社を作る。
2013.4.26
『社長にはもうついていけません・・・』
2013.4.23
仕事と生活をバランスさせるには?
2013.4. 2
組織に必要なのは「ゆらぎ」と・・・?
2013.3.21
代表小林、バングラディシュの地に再度降り立つ
2013.3.14
色々作っちゃいました!
2013.3. 5
「心のバランスシート」に着目していますか?
2013.2. 6
Office2013発売!で、何が変わった?
2013.2. 1
「想いを語る夕べ」が新宿から30分の場所で開催可能に!
2012.12.25
エンジニアブログ番外編:決戦は「ひなたかなた」
2012.12.19
2012年エンジニアブログ&Facebook閲覧数ランキング発表!
2012.11.29
プロセス見直すのはいいけれど...大事なこと忘れてません?
2012.10.31
「仕事」と「個々の生活」の両立~ワーク・ライフ・バランス~
2012.10.26
Windows8発売!で何が起こる?
2012.10. 9
腹が減っては打ち合わせは出来ぬ?~アドック近辺ランチスポット・カフェ編~
2012.10. 2
iPhone5発売!LTE普及には切実な背景が...
2012.9.12
「だれを選ぶか」をまず決めて、その後に「何をすべきか」を決める。
2012.8.17
会社を回すのに大事な3つの感覚。
2012.8. 7
プロジェクトはたいてい失敗に終わるんです。
2012.7.19
『目の前に壁があったら、突き破るしかねえんだよ』by鬼塚
2012.7. 2
大手企業も多数協賛する「東京経営塾」の塾長とは!?
2012.6.15
メンタルヘルスケアジャパン2012報告!
2012.6. 4
御社の理念浸透力はどれくらい?!
2012.5.14
メンタルヘルスケアジャパン2012参加のお知らせ
2012.4.27
東京スカイツリーと地デジとADOC
2012.4.17
マイボトル・マイカップキャンペーン/エンジニアブログ1周年記念
2012.3.14
第1回「想いを語る夕べ」体験会レポート~伝えることの難しさ~
2012.2.29
想いを語る夕べ報告書を新聞にしちゃいました!
2012.2. 6
月刊『ニュートップリーダー』に記事掲載&"想いを語る夕べ"体験会やります!
2012.1.31
【第4回】想いを語る夕べ~フォロー編~
2012.1.23
タニタの社員食堂は"トップの想い"から生まれた!?
2012.1.13
【第3回】想いを語る夕べ~実施編~
2011.12.27
オフィスで簡単エクササイズ!
2011.12.13
【第2回】想いを語る夕べ~準備編~
2011.11.24
【第1回】想いを語る夕べ~誕生編~
2011.11.17
「責任感だけで仕事をしていた・・・。」が「自らサービスを作り上げ、喜びを感じたい!」という熱い想いに変わるまで
2011.11. 8
アドックインターナショナルはGoogleのまわし者!?
2011.10.11
あなたのその行動、誰かに監視されてませんか?
2011.9.28
たったこれだけのことで、チームに一体感が生まれる!?
2011.9.22
ADOCersがITS健康保険組合の野球大会に出場します!
2011.9.21
アドックに入社するとコンサートホールで歌えてグァムに行けるってホント?
2011.8.30
アドック社員元気の素!?
2011.8.16
電力使用制限発動!罰金は100万円!?PC電力管理ソフトのススメ
2011.8. 9
「ネットトラブル調査隊」対象エリア拡大しました!(後日談付き)
2011.8. 1
Windows7にはメールソフトが付いてない!?
2011.7.22
「社長の想いを語る夕べ」プログラムのご紹介
2011.7.12
64ビット版Windowsへの移行について
2011.7. 8
検証やテストを自動化する際に気を付けなければいけない3つの事
2011.7. 5
地デジと周波数再編とADOC
2011.6.29
アドックインターナショナルの節電対策とスーパークールビズ
2011.6.27
あるレンタカー事業会社のケース
2011.6.20
ラボルームのご紹介
2011.6.17
Interop Tokyo 2011に行ってきました!
2011.6. 7
ADOCの保守サービスと震災対応
2011.5.31
"メンタルヘルスケア・ジャパン2011"レポート
2011.5.19
「おばあちゃん家」
2011.5.11
スマートフォンは急速に普及している・・・?
2011.5. 9
ADOCの品質改善活動への取り組み事例をご紹介
2011.4.19
ADOCのお花見と節電への取り組み
2011.4. 6
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!その2
2011.3.31
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!
2011.3.28
弊社パートナーが被災地支援のサービス開始
2011.3.25
震災により表面化した携帯通信網の弱さ
2011.2.28
エンジニアブログスタートのお知らせ
カテゴリー
月別アーカイブ

<