【検証自動化】第5回 Selenium IDEで記録したテストをJenkinsのジョブから実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【後編】

2016.10. 7


はじめに

IMG_1033.JPG

前回は、Selenium IDEのインストールからテストシナリオ作成、テスト実施までを行いました。

今回は、Selenium IDEで作成したテストシナリオを、CIツールJenkinsをから実行します。

まずJenkinsの追加、続いてJenkinsとSeleniumの連携に必要な設定を行い、最後に、Jenkinsからテストシナリオを実行します。ぜひ最後までお付き合いください。

Selenium IDEで作成したテストケースの保存

Selenium IDEで作成したテストケースを開いた状態で「ファイル」→「テストケースに名前を付けて保存」を選択し、適当な名前を付けて保存しておきます。

このとき、複数のテストケースを一連のテストスイートとして実施したい場合は"テストスイート(文字通り、一揃いのテスト、の意味)"として保存します。Selenium IDE上で「ファイル」→「テストケースを追加」から必要なテストケースを追加していき、全て追加したら「ファイル」→「テストスイートに名前を付けて保存」で保存します。

testk1.PNG

テストスイートもテストケースもHTMLファイルになるため、分かりやすい名前にしておくと良さそうです。今回はテストケースとして「Untitled.html」を保存し、それを含むテストスイートを「Untitled_suite.html」としました。

testk19.PNG

保存し終わったら、ここからはSelenium IDEを使う手順はありませんので、閉じてしまっても大丈夫です。

Jenkinsの起動

Jenkinsを使用するにあたってJDKが必要なため、まずはJDKのインストールを行います。Java SE Development Kit:JDKはJavaアプリケーションの開発に使用するキットです。
$ sudo yum install wget java-1.8.0-openjdk

JDKのインストールが完了したら、次にJenkinsのリポジトリを追加します。
$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
$ sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

リポジトリを追加したら、Jenkinsをインストールします。
$ sudo yum install -y jenkins

testk (2).PNG

インストールが完了したら、いよいよJenkinsを起動します。
$ sudo /etc/init.d/jenkins start

ブラウザから『http://127.0.0.1:8080』へアクセスするとJenkinsのダッシュボードが表示されます。

UnlocJenkins.png起動時にパスワードの入力が求められます。パスワードが保存されているファイルパスが画面に表示されます。ファイルを確認し、パスワードをコピー&ペーストして「Continue」をクリックします。

パスワード確認方法
$ cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

「Continue」後、Jenkinsのプラグインのインストール範囲を聞かれます。

今回は、あとで面倒が起こらないよう、推奨設定(Install suggested plugins)を選択しました。

Customize_Jenkins.pngユーザー登録画面が表示されるため、名前とパスワード、メールアドレスを入力します。

CreateFirstAdminUser.pngユーザー登録が完了後、Jenkinsのスタート画面が表示されます。

testk (7).PNG

Selenium ServerとXvfbのダウンロード

Jenkinsからのテストシナリオの実行はSelenium Serverを使用して行います。まずは、Selenium Standalone Serverをダウンロードします。*3.0.0-betaでは動作しないため、「previous releases」から3.0.0になる前のバージョンをダウンロードしましょう。

「Selenium Standalone Server」のダウンロードサイトはこちら:
http://www.seleniumhq.org/download/ 
testk18.PNG

次に、コマンドにてXvfbをインストールします。
$  sudo yum -y install xorg-x11-server-Xvfb

testk (6).PNG

X virtual frambuffer:XvfbはX Window Systemの仮想ディスプレイを作成できるソフトウェアです。Xvfbを使用することで、バックグラウンドで(ブラウザが見えない状態で)テストを実行する場合も画面キャプチャを取ることができるようになります。

Jarfileの配置

JenkinsでSelenium Serverを動かすためにselenium server standalone-バージョン-.jarの配置を変更します。

Selenium Serverをダウンロードしたディレクトリに移動します。
$ cd /home/user/Downloads/ 

移動したら、ダウンロードしたjarfile(selenium-server-standalone-バージョン.jarといった名前のファイル)を/var/lib/jenkins/以下に移します。
$ mv selenium-server-standalone-2.53.0.jar /var/lib/jenkins/

Jenkinsの設定

ダウンロードしたファイルの移動が終わったら、Jenkinsを開いているブラウザの操作に戻り、Jenkinsのダッシュボードに移ります。

testk (8).PNG

Jenkinsの設定からSelenium Serverのパス設定やSeleniumプラグイン追加などを行います。

プラグイン追加


Jenkinsのダッシュボードから「Jenkinsの管理(Manage Jenkins)」→「プラグインの管理(Manage Plugins)」→「利用可能(Available)」を選択します。
下記プラグインにチェックして、

・Build Reports欄のHudson Seleniumhq plugin(JenkinsからSeleniumを使用するために使用)
・Build Reports欄のSelenium HTML report(Seleniumテストシナリオの実行結果をHTMLにして見やすく表示するために使用)
・Build Wrapper欄のXvfb plugin(JenkinsからXvfbを使用するために使用)

「再起動せずにインストール(install without restart)」を選択します。

testk15.PNG

Configure system


次に「Jenkinsの管理(Manage Jenkins)」から「システムの管理(Configure system)」に移動します。

まず、Global Properies のEnviroment Variable(環境変数)にチェックを入れます。

Configure2_Variable.png
チェックを入れたらList of Variableに以下の変数を「Add」で追加していきます。

レポートページの文字化けを防止するためJavaのエンコーディングを指定します。
キー:_JAVA_OPTIONS
値:-Dfile.encoding=8859_1

ディスプレイNoを1に設定します。
キー:DISPLAY
値:1

日本語変換の指定
キー:XMODIFIERS
値:@im=scim

変数の追加が完了しましたらSelenium Remote Controlの設定を行ないます。

Configure5_SeleniumRemoteControl.png

htmlSuiteRunnerにSelenium Serverのパスとファイル名を記載します。
htmlSuite Runner:/var/lib/jenkins/selenium-server-standalone-2.53.0.jar

Global Tool Configuration


Jenkinsのトップ画面にもどり「Jenkinsの管理(Manage Jenkins)」→「Global Tool Configuration」のページを選択します。

Xvfb installationに任意の名前を設定します。後述の「ジョブごとの設定」中のものと同じ名前になっていれば問題ありません。

name:xvfb(任意)

GlobalToolConfiguration3_xvfb.png

名前を設定後、「Save」をクリックして保存します。

ジョブの作成

それではジョブを設定し、それらのビルド管理を行います。まず、Jenkinsのトップ画面に移り、新規の場合は「create new jobs」、すでにジョブがある場合「New Item」から新規のジョブを作成します。

testk (12).PNG

「Enter an item name」に名前をつけます。つけた名前がディレクトリ名にも適用されるため、シンプルな名前がよいです。
「Freestyle project」を選択し、「OK」をクリックします。

testk (13).PNG

Okを選択後、ジョブの設定が表示されます。

Build Environment


「Start Xvfb before the build, and shut it down after.」にチェックを入れます。

「高度な設定(Advanced)」をクリックします。

JobConfigure3_BuildEnv.png


Xvfb installation:xvfb(Jenkinsの設定で入れたものと同じものを入れる)
Timeout in seconds:0
Xvfb screen:1024x768x24
Xvfb display name offset:1

Build


「Add build step」から「SeleniumHQ HtmlSuite Run」を選択します。

JobConfigure5_Build1.png
browser:*firefox
startURL:http://www.adoc.co.jp(テスト対象のWebページ)
suiteFile:selenium/Untitled_suite.html(テストスイートのファイル名)
resultFile:result/Untitled_result.html(テスト結果のファイル名)

Post-build Action


「Add post-build action」から「Publish Selenium Html Report」を選択します。

JobConfigure6_PostBuild.png
Selenium tests results location:result/

ビルド結果のHTMLファイルの出力場所を指定します。

以上の設定が完了後、「Save」を選択して保存します。

ワークスペース配下にディレクトリ作成

ジョブの作成が完了後、「build now」をクリックして実行してください。*このビルドではテストエラーとなりますが、無視して大丈夫です。ビルドを一度行うと、初回のビルドで/var/lib/jenkins/workspace/配下にJob用のディレクトリが作成されます(/var/lib/jenkins/workspace/kensaku_test)。
作成されたディレクトリ内に目的別に新しいディレクトリを作成します。(それぞれ、テストケース・テストスイート置き場、テスト結果の格納場所、画面キャプチャの格納場所として使用します。画面キャプチャの格納場所を変更する場合、Seleniumテストケースの修正が必要です。)
$ sudo mkdir /var/lib/jenkins/workspace/kensaku_test/selenium 
$ sudo mkdir /var/lib/jenkins/workspace/kensaku_test/result 
$ sudo mkdir /var/lib/jenkins/workspace/kensaku_test/screenshot 

権限の問題でテストが止まってしまうことがあるため、ユーザーとグループをそろえました。
$ sudo chown jenkins:jenkins /var/lib/jenkins/Workspace/job_name/result 
$ sudo chown jenkins:jenkins /var/lib/jenkins/Workspace/job_name/screenshot 
$ sudo chown jenkins:jenkins /var/lib/jenkins/Workspace/job_name/selenium 

ディレクトリの準備ができましたら、/selenium配下にSelenium IDEで記録したテストケースのhtmlファイルを配置しておきます。テストスイートとして保存した場合は、全てのファイルを/selenium配下に置いておくことをおすすめしますが、このとき、テストスイートのHTMLファイル内に記述されているテストケースのディレクトリ名も修正することを忘れないようにしましょう。

ジョブの実行

以上の設定を入れると、ジョブが実行できる状態になります。ジョブの実行(Build now)をクリックして、コンソールの結果を確認してください。

Job.pngConsole
コンソールに出力された結果です。

Console1.png最後に「SUCCESS」と出ています。

Console2.png

HTML Report

HtmlReport.png

エラーなく実行され結果が表示されましたか?

下記に、構築途中でぶつかった問題についてメモを残しました。うまく行かなかった場合は参考にしてみてください。

発生した問題の対処方法

Failed to listener:SocketListener0@0.0.0.0:4444

Failed to listener:SocketListener0@0.0.0.0:4444とエラーが出てビルドが途中で止まる場合、
Selenium Serverが動作したままの状態で4444を使用中であることが考えられます。
実施中のselenium-serverプロセスを切る必要があります。コマンドで稼働中のプロセスを確認し、終了してください。

$ lsof -i
$ netstat -anp
$ ps aux | grep firefox

$ sudo kill プロセスNo

または、

$ lsof -i -n -P | grep 4444

【error】The suiteFile is not a file or an url! Check........

「ジョブごとの設定」中のテストスイートのパスを記載する部分(suiteFile:)に余計な「/(スラッシュ)」が入っていました。
「/」を消すとエラーは消えました。つまらないミスでしたが、ファイル名を書くところはJenkinsで一番間違いやすいように感じます。

【fatal】Failed to mkdirs: /result

「ジョブごとの設定」中のテスト結果の出力場所を記載する部分(Selenium tests results location:)に余計な「/(スラッシュ)」が入っていました。

スクリーンショットの格納ができずテスト失敗する

はじめ、テスト中に作成した画面キャプチャをデスクトップに保存していたとき、画面キャプチャの格納ができず、テストが失敗することがありました。
権限を変えましたがやはり失敗し、ログファイルの出力場所をworkspace配下に変更したところ動作しました。
テストケースhtmlファイル中の表記:

/home/user/Desktop/test_log/→/var/lib/jenkins/workspace/kensaku_test/screenshot

Jenkinsの動作が不安定

Jenkinsの動作が不安定なとき、再起動で解決する場合があります。
$ sudo service jenkins restart

定期的に実行する設定を入れる

最後に、ジョブの一覧がある画面に戻り「設定(Configure)」をクリックします。

Build Trigger


「定期的に実行」にチェックを入れ、
「スケジュール(schedule)」欄に「H * * * *」と記入すると1時間に一度、このジョブが実行されます。
実施のタイミングについてはかなり自由に設定できるようです。調べて必要な設定を入れてみてください。

おわりに

Selenium IDEで記録したテストをJenkinsのジョブから実行する」テーマについてはこれで終わりです。いかがでしたか。

ジョブの設定までできてしまえば、ブラウザテストの実施はJenkinsに任せてしまうことができます。私たちは問題が起こったとき(ジョブの画面に表示されているマークがくもりや雨になったとき)だけ、「どれどれ~と出ていって」切り分けを行うだけでよいです。

開発の過程で必要とされるテストには、人の手や頭を必要とする、複雑なもの変化の多いものもたくさんありますが、ブラウザテストに代表される比較的単純で繰り返し性の高いテストは、多少手間をかけてツールの導入を行っても、時間やテスト品質の面で十分に自動化のメリットを享受できることが多いです。楽できるところはどんどん楽をして、健やかに働いていきたいですね。

-------------

↓↓こちらもよろしくお願いします!↓↓
簡易検証自動化診断はじめました!!

文:海老沼

IMG_1036.JPG

【参考サイト】こちらのサイトに大変お世話になりました。ありがとうございました。
JenkinsからSelenium IDEのテストケースを使って自動テストを行う 



検証自動化と同じカテゴリーの記事



RSS
最近のエントリー
2017.4.21
【検証自動化】第6回 AT-CLabを使ってみる
2017.4.21
【OSSチャレンジ】第4回 Elasticsearch紹介
2017.4. 7
【OSC2017 Tokyo/Spring】OpenStackを宇宙で!?
2017.3.28
【OSSチャレンジ】 第3回 Bacula紹介:後編
2017.3. 9
【OpenStackチャレンジ】 第29回 Ocata紹介編
2017.2.24
【OSSチャレンジ】 第2回 Docker紹介編
2017.2.20
【OSSチャレンジ】 第1回 Bacula紹介:前編
2017.2. 1
【体験記】最後のフロンティア!? ~ミャンマー 体験記~
2017.1.18
【データベース】pgpool-IIによるDBサーバ負荷分散
2016.12.16
【ログ解析】第2回Splunkのログ解析
2016.12. 9
LPIC304 体験記
2016.11.19
【OSC2016 Tokyo/Fall】VRとOpenStackを連携
2016.11.11
【次世代通信技術】 第1回 5G入門編
2016.10.28
【ログ解析】第1回Splunkの紹介と起動
2016.10.21
【OpenStackチャレンジ】 第28回 Stackalytics登録編
2016.10.14
【OpenStackチャレンジ】 第27回 OpenStack Newton紹介編
2016.10. 7
【検証自動化】第5回 Selenium IDEで記録したテストをJenkinsのジョブから実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【後編】
2016.9.30
【OpenStackチャレンジ】 第26回 Neutron環境構築編
2016.9.23
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第6回 きれいなログにするためのLinuxお作法
2016.9.16
【OpenStackチャレンジ】 第25回 Nova環境構築編
2016.9. 9
【OpenStackチャレンジ】 第24回 Cinder環境構築編
2016.9. 2
【OpenStackチャレンジ】 第23回 OpenStackコミュニティ~翻訳編
2016.8.26
【OpenStackチャレンジ】 第22回 Glance環境構築編
2016.8.19
【検証自動化】第4回 Selenium IDEでテストケースを記録・実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【前編】
2016.8. 9
【OpenStackチャレンジ】 第21回 OpenStackコミュニティ 日本語翻訳チーム参加編
2016.8. 5
【OpenStackチャレンジ】 第20回 構成管理ツール「Ansible」を用いたOpenStack上のサーバ構築
2016.7.29
【検証自動化】第3回 IT検証フォーラム2016に出展しました!
2016.7.22
【OpenStackチャレンジ】 第19回 OpenStack Upstream Training編
2016.7.15
【検証自動化】第2回 TestShell+TestCenter連携編
2016.7. 8
【OpenStackチャレンジ】 第18回 HEAT紹介編
2016.7. 4
QNAP紹介(Dockerコンテナ&OpenStack Swift連携)
2016.6.26
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第5回 GitHubを使いこなそう
2016.6.19
【OpenStackチャレンジ】 第17回 Zabbix環境構築編
2016.6.12
【検証自動化】第1回 TestShell編
2016.6. 5
【OpenStackチャレンジ】 第16回 Mirantis 「OpenStack FUEL管理」セミナー紹介編
2016.5.29
【OpenStackチャレンジ】 第15回 Swift環境構築編
2016.5.22
【OpenStackチャレンジ】 第14回 Keystone環境構築編
2016.5.15
【OpenStackチャレンジ】 第13回 Mirantis OpenStack紹介編
2016.5. 2
【OpenStackチャレンジ】 第12回DevStack~ Ironic環境構築編
2016.4.24
【OpenStackチャレンジ】 第11回 インフラエンジニア必見のOpenStackセミナーを開催しました!
2016.4.17
【OpenStackチャレンジ】 第10回 OpenStack Mitaka紹介編
2016.4.10
【Linuxを使いこなす】 CentOSのローカルリポジトリを構築しよう
2016.4. 3
【OpenStackチャレンジ】 第9回 仮想マシンが起動するコンピュートノードを指定してみよう
2016.3.29
【OpenStack チャレンジ】 第8回 ゲストマシンの性能比較をしてみました!
2016.3.19
【OSC2016】第3回 ChatOpsでOpenStackをAPIから制御する
2016.3.12
【OSC2016】第2回Let'sChat Hubot編
2016.3. 4
【OSC2016】第1回ChatOpsの構築
2016.1.31
【OpenStackチャレンジ】 第7回 DevStack~All-In-One Single Machine編
2016.1.22
【OpenStackチャレンジ】 第6回 policy.json紹介編
2016.1.13
【OpenStackチャレンジ】 第5回 Ceilometerについて知ろう!
2016.1. 8
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第4回 VMware基本動作編
2015.12.24
【1年間ありがとう!】2015年度エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2015.12.18
【SDNチャレンジ】 第29回 Mininet編
2015.12.14
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第3回 VMwareインストール編
2015.12.10
【OpenStackチャレンジ】第4回 ConoHaでOpenStack環境を構築!
2015.12. 4
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第2回 VirtualBox基本動作編
2015.12. 4
【OpenStackチャレンジ】 第3回 OpenDaylight(Lithium)との連携に挑戦!
2015.11.27
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第1回 VirtualBoxインストール編
2015.11.20
【SDNチャレンジ】 第28回 WiresharkでOpenFlowを解析しよう!
2015.11.15
OpenStackの技術者認定資格「OPCEL認定試験」に合格しました!
2015.11. 9
「Windows Server 2003」から「Windows Server 2012 R2」への移行に不安を抱えるお客様へ
2015.11. 6
【SDNチャレンジ】 第27回 OpenMUL編
2015.10.30
【SDNチャレンジ】 第26回 ONOS-BGPルータ編
2015.10.23
【SDNチャレンジ】 第25回 ONOS GUI編 / [告知]10/24(土),25(日)にOSCに出展します!
2015.10.16
【SDNチャレンジ】 第24回 ONOSインストール編
2015.10. 9
【SDNチャレンジ】 第23回 OpenDaylightユーザ会に参加しました/Lithiumインストール編
2015.10. 2
【SDNチャレンジ】 第22回 Trema-edge編
2015.9.29
【OpenStackチャレンジ】 番外編 10/26(月)からLPI-Japanの「OPCEL認定試験」がスタートします!
2015.9.25
【SDNチャレンジ】 第21回 POX編
2015.9.18
【OpenStackチャレンジ】 第2回 コンポーネント紹介編
2015.9.11
【SDNチャレンジ】 第20回 Floodlight編
2015.9. 4
【OpenStackチャレンジ】 第1回 OpenStackインストール編
2015.9. 3
【ウェブサイトのロードテストをする】 最終回 Siege編
2015.8.28
【SDNチャレンジ】 第19回 Raspberry Piでユースケースに挑戦!
2015.8.21
【SDNチャレンジ】 第18回 OF-Patch動作編
2015.8.13
【SDNチャレンジ】 第17回 OF-Patch紹介編
2015.8. 7
Windows10をインストールしてみました!
2015.8. 4
【ウェブサイトのロードテストをする】 第3回 Tsung編
2015.7.31
【SDNチャレンジ】 第16回 Ryuコントローラインストール編
2015.7.25
【SDNチャレンジ】 第15回 Open vSwitch性能試験編
2015.7.17
【SDNチャレンジ】 第14回 Tcpreplay編
2015.7.17
RedHat OpenStack 管理者認定試験に合格しました!
2015.7.11
【SDNチャレンジ】 第13回 Vyattaコントローラ REST API編
2015.7. 3
【SDNチャレンジ】 第12回 Vyattaコントローラ動作編
2015.7. 1
【ウェブサイトのロードテストをする】 第2回 curl-loader編
2015.6.26
【SDNチャレンジ】 第11回 OpenDaylight動作編②
2015.6.19
【SDNチャレンジ】 第10回 OpenDaylight動作編①
2015.6.18
【ウェブサイトのロードテストをする】 第1回 Apache JMeter編
2015.6.12
【SDNチャレンジ】 第9回 リピーターハブとラーニングスイッチの動作比較編
2015.6. 5
【SDNチャレンジ】 第8回 Tremasharkインストール編
2015.5.25
【SDNチャレンジ】 第7回 帯域制御・ファイアウォール・パケット書換え編
2015.5.22
【SDNチャレンジ】 第6回 ラーニングスイッチ作成編
2015.5.15
【SDNチャレンジ】 第5回 Raspberry Pi2にOpen vSwitchをインストール
2015.5. 8
【SDNチャレンジ】 第4回 5/13(水)、14(木)、15(金)の展示会にて検証自動化デモを実施します!
2015.4.27
【SDNチャレンジ】 第3回 Tremaリピーターハブ編
2015.4.21
【SDNチャレンジ】 第2回 OpenFlowコントローラ作成編
2015.4.14
【SDNチャレンジ】 第1回 Tremaインストール編
2014.8.20
【注意!】8月13日のWindows Updateを適用すると起動できなくなる事例が報告されています!
2014.5.23
約6割の企業が悩んでいるのに、対策しないんですか...?
2014.1. 9
新年あけましておめでとうございます。
2013.12.24
2013年エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2013.12.17
コミュニケーション「活性化」の第一歩
2013.10.29
なぜ儲かっているのか分からない!?
2013.10.15
「何を変えるのか、何に変えるのか、どのように変えるのか」
2013.9.17
ブラック企業にドラッカーがアドバイスするとしたら?
2013.9. 4
蟻の穴から堤も崩れる
2013.8. 6
派閥じゃなくて、理念の元に仕事をしよう!
2013.7.31
知識は使ってナンボです!
2013.7.30
御社の相互理解度はどれくらい?
2013.7. 3
何故、それが読まれたか~上半期・エンジニアブログ閲覧数ランキング~
2013.6.12
「何」を知っているかではなく、「誰」が知っているか
2013.5.28
戦後、人間尊重の信念を貫きとおした1人の経営者がいた!
2013.5.24
健康な心が、健康な会社を作る。
2013.4.26
『社長にはもうついていけません・・・』
2013.4.23
仕事と生活をバランスさせるには?
2013.4. 2
組織に必要なのは「ゆらぎ」と・・・?
2013.3.21
代表小林、バングラディシュの地に再度降り立つ
2013.3.14
色々作っちゃいました!
2013.3. 5
「心のバランスシート」に着目していますか?
2013.2. 6
Office2013発売!で、何が変わった?
2013.2. 1
「想いを語る夕べ」が新宿から30分の場所で開催可能に!
2012.12.25
エンジニアブログ番外編:決戦は「ひなたかなた」
2012.12.19
2012年エンジニアブログ&Facebook閲覧数ランキング発表!
2012.11.29
プロセス見直すのはいいけれど...大事なこと忘れてません?
2012.10.31
「仕事」と「個々の生活」の両立~ワーク・ライフ・バランス~
2012.10.26
Windows8発売!で何が起こる?
2012.10. 9
腹が減っては打ち合わせは出来ぬ?~アドック近辺ランチスポット・カフェ編~
2012.10. 2
iPhone5発売!LTE普及には切実な背景が...
2012.9.12
「だれを選ぶか」をまず決めて、その後に「何をすべきか」を決める。
2012.8.17
会社を回すのに大事な3つの感覚。
2012.8. 7
プロジェクトはたいてい失敗に終わるんです。
2012.7.19
『目の前に壁があったら、突き破るしかねえんだよ』by鬼塚
2012.7. 2
大手企業も多数協賛する「東京経営塾」の塾長とは!?
2012.6.15
メンタルヘルスケアジャパン2012報告!
2012.6. 4
御社の理念浸透力はどれくらい?!
2012.5.14
メンタルヘルスケアジャパン2012参加のお知らせ
2012.4.27
東京スカイツリーと地デジとADOC
2012.4.17
マイボトル・マイカップキャンペーン/エンジニアブログ1周年記念
2012.3.14
第1回「想いを語る夕べ」体験会レポート~伝えることの難しさ~
2012.2.29
想いを語る夕べ報告書を新聞にしちゃいました!
2012.2. 6
月刊『ニュートップリーダー』に記事掲載&"想いを語る夕べ"体験会やります!
2012.1.31
【第4回】想いを語る夕べ~フォロー編~
2012.1.23
タニタの社員食堂は"トップの想い"から生まれた!?
2012.1.13
【第3回】想いを語る夕べ~実施編~
2011.12.27
オフィスで簡単エクササイズ!
2011.12.13
【第2回】想いを語る夕べ~準備編~
2011.11.24
【第1回】想いを語る夕べ~誕生編~
2011.11.17
「責任感だけで仕事をしていた・・・。」が「自らサービスを作り上げ、喜びを感じたい!」という熱い想いに変わるまで
2011.11. 8
アドックインターナショナルはGoogleのまわし者!?
2011.10.11
あなたのその行動、誰かに監視されてませんか?
2011.9.28
たったこれだけのことで、チームに一体感が生まれる!?
2011.9.22
ADOCersがITS健康保険組合の野球大会に出場します!
2011.9.21
アドックに入社するとコンサートホールで歌えてグァムに行けるってホント?
2011.8.30
アドック社員元気の素!?
2011.8.16
電力使用制限発動!罰金は100万円!?PC電力管理ソフトのススメ
2011.8. 9
「ネットトラブル調査隊」対象エリア拡大しました!(後日談付き)
2011.8. 1
Windows7にはメールソフトが付いてない!?
2011.7.22
「社長の想いを語る夕べ」プログラムのご紹介
2011.7.12
64ビット版Windowsへの移行について
2011.7. 8
検証やテストを自動化する際に気を付けなければいけない3つの事
2011.7. 5
地デジと周波数再編とADOC
2011.6.29
アドックインターナショナルの節電対策とスーパークールビズ
2011.6.27
あるレンタカー事業会社のケース
2011.6.20
ラボルームのご紹介
2011.6.17
Interop Tokyo 2011に行ってきました!
2011.6. 7
ADOCの保守サービスと震災対応
2011.5.31
"メンタルヘルスケア・ジャパン2011"レポート
2011.5.19
「おばあちゃん家」
2011.5.11
スマートフォンは急速に普及している・・・?
2011.5. 9
ADOCの品質改善活動への取り組み事例をご紹介
2011.4.19
ADOCのお花見と節電への取り組み
2011.4. 6
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!その2
2011.3.31
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!
2011.3.28
弊社パートナーが被災地支援のサービス開始
2011.3.25
震災により表面化した携帯通信網の弱さ
2011.2.28
エンジニアブログスタートのお知らせ
カテゴリー
月別アーカイブ

<