【OpenStackチャレンジ】 第12回DevStack~ Ironic環境構築編

2016.5. 2


Ironicとは

photo-1442406964439-e46ab8eff7c4.jpg

本日はIronicに挑戦していきます。Ironicはベアメタルノード(物理マシン)にイメージを展開して使用するコンポーネントです。OSが物理マシンを直接制御するため、仮想化による性能劣化がありません。

ストレージのIO性能を要求されたり、Hadoop等の大規模演算をするシステムに向いているとされています。

Ironicを実現する技術について

Ironicは既存の技術を組み合わせて作られています。以下に使用されている技術をご紹介しましょう。ちなみに、この知識はOPCEL認定試験に出題されますよ!

IPMI(Intelligent Platform Management Interface):ベアメタルノードの電源をネットワーク経由で制御する。

PXE(Preboot eXecution Environment):ベアメタルノードのOSをネットワーク経由でBOOTする。

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol):IPアドレスを動的に割り当てる。

TFTP(Trivial File Transfer Protocol):PXEで初期RAMディスクのイメージをベアメタルノードに転送する。

では、これらの技術を使用して、Ironicコントローラノードがベアメタルノードを起動する様子をご紹介しましょう。

Ironicがベアメタルノードを起動するまで

Ironicの動きを整理してみたいと思います。

①コントローラノード内のironic-conductorがNeutronのDHCPサーバへIPアドレス割り当てを設定する。

②ironic-conductorからTFTPサーバ上にベアメタルノード用の初期RAMディスクを配置する。

③ironic-conductorはIMPIを使用してベアメタルノードの電源を投入する。

④ベアメタルノードはPXEブートを行う。DHCPサーバから自身のアドレスとTFTPサーバのIPアドレスを取得し、さらにTFTPサーバから初期RAMディスクを取得してOSを起動する。

⑤初期RAMディスクは自身の物理DISKをiSCSIでironic-conductorからマウントできるようにする。

⑥ironic-conductorはiSCSI経由でイメージを書き込む。

⑦ベアメタルノードを再起動して、書き込まれたイメージでブートする。

Ironic_シーケンス図2.png

通常のPXEブートで起動したOSを使って、ローカルディスクにユーザ用をイメージを書き込み(⑥)にいっています。ちなみに書き込みにはDDコマンドが使われているそうですよ。

環境を構築しよう

それでは実際に構築していきます。今回はOpenStack(Kilo版)をDevStackでインストールして、ベアメタルノードへイメージを展開していきます。
図のような構成を準備しました。Ironic環境図.png

Ironicコントローラノードのネットワークは以下のように設定しておきます。
$ cat /etc/network/interfaces

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface

auto em1
iface em1 inet static
	address 172.16.3.11
	netmask 255.255.255.0
	network 172.16.3.0
	broadcast 172.16.3.255
	gateway 172.16.3.254
	dns-nameservers 192.168.10.1

auto em2
iface em2 inet static
       address 172.16.6.11
       netmask 255.255.255.0
       network 172.16.6.0
       broadcast 172.16.6.255

DevStackを実行しよう

まずは、システム内のパッケージリスト更新と、必要パッケージのインストールです。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade
$ sudo apt-get install -y git openvswitch-switch

DevStackに含まれているツールを利用して、stackユーザを作成します。
$ git clone https://github.com/openstack-dev/devstack.git devstack
$ sudo ./devstack/tools/create-stack-user.sh

stackユーザになり、あらためてDevStackをクローンします。
$ sudo su - stack
$ git clone https://github.com/openstack-dev/devstack.git devstack

リポジトリーにKiloを指定し、local.confを作成していきます。今回はこちらのサイトのlocal.confを使用させて頂きました。公式サイトのVM用サンプルを物理用に修正したもののようです。

$ cd devstack
$ git checkout stable/kilo
$ vi local.conf

[[local|localrc]]
RECLONE=yes
GIT_BASE=https://git.openstack.org
HOST_IP=172.16.3.11
IP_VERSION=4

# Credentials
ADMIN_PASSWORD=manager
DATABASE_PASSWORD=manager
RABBIT_PASSWORD=manager
SERVICE_PASSWORD=manager
SERVICE_TOKEN=manager

# Enable Ironic API and Ironic Conductor
enable_service ironic
enable_service ir-api
enable_service ir-cond

# Enable Neutron which is required by Ironic and disable nova-network.
disable_service n-net
disable_service n-novnc
enable_service q-svc
enable_service q-agt
enable_service q-dhcp
#enable_service q-l3
enable_service q-meta
enable_service neutron

# Disable Horizon
disable_service horizon

# Disable Heat
disable_service heat h-api h-api-cfn h-api-cw h-eng

# Disable Cinder
disable_service cinder c-sch c-api c-vol

# Disable Tempest
disable_service tempest

# Create 3 virtual machines to pose as Ironic's baremetal nodes.
#IRONIC_VM_COUNT=3
#IRONIC_VM_SSH_PORT=22
IRONIC_BAREMETAL_BASIC_OPS=True

# The parameters below represent the minimum possible values to create
# functional nodes.
#IRONIC_VM_SPECS_RAM=1024
#IRONIC_VM_SPECS_DISK=10
IRONIC_HW_NODE_CPU=1
IRONIC_HW_NODE_RAM=1024
IRONIC_HW_NODE_DISK=80

# Size of the ephemeral partition in GB. Use 0 for no ephemeral partition.
#IRONIC_VM_EPHEMERAL_DISK=0
IRONIC_HW_EPHEMERAL_DISK=0

VIRT_DRIVER=ironic

# By default, DevStack creates a 10.0.0.0/24 network for instances.
# If this overlaps with the hosts network, you may adjust with the
# following.
NETWORK_GATEWAY=172.16.3.254
FIXED_RANGE=172.16.3.0/24
FIXED_NETWORK_SIZE=256

# Neuton
PHYSICAL_NETWORK=physnet1
PUBLIC_INTERFACE=eth0
OVS_PHYSICAL_BRIDGE=br-ex
FLAT_NETWORK_BRIDGE=br-ex
Q_PLUGIN=ml2
Q_USE_PROVIDER_NETWORKING=True
#Q_L3_ENABLED=False
PROVIDER_NETWORK_TYPE=flat
#PROVIDER_SUBNET_NAME=sharednet1
ALLOCATION_POOL=start=172.16.3.150,end=172.16.3.199
#ENABLE_ISOLATED_METADATA=True
#ENABLE_METADATA_NETWORK=True

# [ml2]
Q_ML2_PLUGIN_TYPE_DRIVERS=flat
Q_ML2_TENANT_NETWORK_TYPE=flat
Q_ML2_PLUGIN_MECHANISM_DRIVERS=openvswitch

# [ml2_type_flat]
Q_ML2_FLAT_PHYSNET_OPTIONS=physnet1

# Log all output to files
LOGFILE=/opt/stack/devstack.log
LOGDIR=/opt/stack/logs
IRONIC_VM_LOG_DIR=/opt/stack/ironic-bm-logs

# Agent driver requires swift with tempurls
# Enable swift services
enable_service s-proxy
enable_service s-object
enable_service s-container
enable_service s-account

# Enable tempurls and set credentials
SWIFT_HASH=password
SWIFT_TEMPURL_KEY=manager
SWIFT_ENABLE_TEMPURLS=True

# Enable agent driver
#IRONIC_ENABLED_DRIVERS=agent_ipmitool
#IRONIC_DEPLOY_DRIVER=agent_ipmitool
IRONIC_ENABLED_DRIVERS=pxe_ipmitool
IRONIC_DEPLOY_DRIVER=pxe_ipmitool

# To build your own IPA ramdisk from source, set this to True
#IRONIC_BUILD_DEPLOY_RAMDISK=False
IRONIC_BUILD_DEPLOY_RAMDISK=True

それではDevStackを使用して、OpenStackを構築しましょう。
$ ./stack.sh

ネットワークを設定しよう

stack.shが完了しましたら、次はネットワークの設定を行います。仮想ブリッジを(br-ex)を作成しましょう。
$ sudo ovs-vsctl add-br br-ex

em1のネットワーク設定はbr-exにそのまま置き換えて、em1用には別の設定を行います。
$ sed -i -e "s/em1/br-ex/g" /etc/network/interfaces
$ cat << EOF >> /etc/network/interfaces
auto em1
iface em1 inet manual
up ip link set dev $IFACE up
down ip link set dev $IFACE down
EOF

em1をbr-exに接続します。
$ sudo ovs-vsctl add-port br-ex em1

変更したネットワーク構成を反映させるために、ironicコントローラノードを再起動します。
$ sudo reboot
OSがあがってきましたら、「rejoin-stack.sh」でOpenStackを起動させましょう。
$ cd ~/devstack
$ ./rejoin-stack.sh

イメージを作成しよう

ベアメタル用のイメージを作成していきます。

まずはOpenStackコマンドラインクライアン用の環境変数を読み込みます。
$ source ~/devstack/openrc admin admin

初期RAMディスクを作成します。10分ほどかかりました。my-deploy-ramdisk.kernelとmy-deploy-ramdisk.initramfsが作成されています。
$ ramdisk-image-create ubuntu deploy-ironic -o my-deploy-ramdisk

作成したイメージをglanceに登録しましょう。UUIDを取得してそのまま環境変数DEPLOY_VMLINUZ_UUIDとDEPLOY_INITRD_UUIDに格納しています。

$ DEPLOY_VMLINUZ_UUID=$(glance image-create --name deploy-vmlinuz \
--is-public True --disk-format aki < my-deploy-ramdisk.kernel | \
grep ' id ' | awk '{print $4}')

$ DEPLOY_INITRD_UUID=$(glance image-create --name deploy-initrd \
--is-public True --disk-format ari < my-deploy-ramdisk.initramfs | \
grep ' id ' | awk '{print $4}')

実際に動かすユーザ用のイメージを作成します。こちらは数分でした。my-whole-disk-image.qcow2が作成されています。

$ disk-image-create ubuntu vm dhcp-all-interfaces -o my-whole-disk-image

同じくglanceに登録して、UUIDを環境変数MY_IMAGE_UUIDに入れます。
$ MY_IMAGE_UUID=$(glance image-create --name my-whole-disk-image \
--is-public True --disk-format qcow2 \
--container-format bare < my-whole-disk-image.qcow2 | \
grep ' id ' | awk '{print $4}')

作成したイメージを確認します。
$ glance image-list

glance-image-list.png

ベアメタルノードを設定しよう

それではベアメタルノードの情報を設定していきましょう。まずはironic node-createコマンドでベアメタルノードを登録しましょう。UUIDは環境変数NODE_UUIDに入れておきます。

NODE_UUID=$(ironic node-create -d pxe_ipmitool | grep ' uuid ' | awk '{print $4}')

そして、ironic node-updateコマンドで物理マシンやイメージの情報を登録していきます。

$ MAC="3C:4A:92:CE:8B:E5"
$ IPMI_ADDR="172.16.6.12"
$ IPMI_USER="username"
$ IPMI_PASS="password"

$ ironic node-update $NODE_UUID add driver_info/ipmi_address=$IPMI_ADDR
$ ironic node-update $NODE_UUID add driver_info/ipmi_username=$IPMI_USER
$ ironic node-update $NODE_UUID add driver_info/ipmi_password=$IPMI_PASS

$ ironic node-update $NODE_UUID add driver_info/ipmi_terminal_port=9999

$ ironic node-update $NODE_UUID add driver_info/deploy_kernel=$DEPLOY_VMLINUZ_UUID
$ ironic node-update $NODE_UUID add driver_info/deploy_ramdisk=$DEPLOY_INITRD_UUID

$ ironic node-update $NODE_UUID add instance_info/root_gb=80
$ ironic node-update $NODE_UUID add instance_info/image_source=$MY_IMAGE_UUID

$ ironic port-create -n $NODE_UUID -a $MAC

メタデータ接続を設定しよう

以上で公式マニュアル的な下準備は完了のはずなのですが、このまま実行するとベアメタル上で立ち上がってきたOSのcloud initはメタデータサーバにアクセスできずに、ホスト名やキーペアを取得できませんでした。DHCPサーバがメタデータサーバの機能を持つように設定することで解決できるようです。
(参考ブログ、Dellテックセンターブログ:OpenStack Ironicを動かしてみました Part2

$ sudo sed -i \
-e "/enable_isolated_metadata/aenable_isolated_metadata = True" \
-e "/enable_metadata_network/aenable_metadata_network = True" \
/etc/neutron/dhcp_agent.ini

変更したNeutron設定を反映させるために、Ironicコントローラノードを再起動します。
$ sudo reboot
Ironicコントローラノードが再起動した後で、OpenStackを再起動するために「rejoin-stack.sh」スクリプトを実行します。
$ cd ~/devstack
$ ./rejoin-stack.sh

ベアメタルノードを起動しよう

ベアメタルノードにSSH接続できるように、キーペアを作成し、秘密鍵をkeypair.pemファイルに書き込みます。
$ nova keypair-add keypair > keypair.pem

フレーバ「baremetal」、イメージ「my-whole-disk-image」を指定して、ベアメタルノードを起動します。
$ nova boot --flavor baremetal --image my-whole-disk-image --key-name keypair baremetal

起動したベアメタルノードにSSH接続できれば成功です!
$ ssh -i keypair.pem ubuntu@172.16.3.150

おわりに

Ironicは実際やってみると試行錯誤の連続でした。stack.shの途中でresolv.confが消えてやり直しになったり、なぜか500 Internal Serverだったりといろいろ大変です。またRDO版のほうも試してみたのですが、こちらもまだどこかの設定が間違っているのか、動くまで持っていけませんでした。

ちなみに公式サイトに記載のあるlocal.confをそのまま試すと、KVMでVMが3つ立ち上がり、それをベアメタルに見立ててironicぽい動きをお手軽に体験できました。とりあえず動いているところを見たい場合はお勧めできる方法だと思います。

きちんと安定して動くIronicを構築するとなると、MirantisのFuelを使った構築とかもよいかもしれません。また今度試してみたいと思います!

LPIC-kun.JPG



Devstackと同じカテゴリーの記事


OpenStackと同じカテゴリーの記事



RSS
最近のエントリー
2017.4.21
【検証自動化】第6回 AT-CLabを使ってみる
2017.4.21
【OSSチャレンジ】第4回 Elasticsearch紹介
2017.4. 7
【OSC2017 Tokyo/Spring】OpenStackを宇宙で!?
2017.3.28
【OSSチャレンジ】 第3回 Bacula紹介:後編
2017.3. 9
【OpenStackチャレンジ】 第29回 Ocata紹介編
2017.2.24
【OSSチャレンジ】 第2回 Docker紹介編
2017.2.20
【OSSチャレンジ】 第1回 Bacula紹介:前編
2017.2. 1
【体験記】最後のフロンティア!? ~ミャンマー 体験記~
2017.1.18
【データベース】pgpool-IIによるDBサーバ負荷分散
2016.12.16
【ログ解析】第2回Splunkのログ解析
2016.12. 9
LPIC304 体験記
2016.11.19
【OSC2016 Tokyo/Fall】VRとOpenStackを連携
2016.11.11
【次世代通信技術】 第1回 5G入門編
2016.10.28
【ログ解析】第1回Splunkの紹介と起動
2016.10.21
【OpenStackチャレンジ】 第28回 Stackalytics登録編
2016.10.14
【OpenStackチャレンジ】 第27回 OpenStack Newton紹介編
2016.10. 7
【検証自動化】第5回 Selenium IDEで記録したテストをJenkinsのジョブから実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【後編】
2016.9.30
【OpenStackチャレンジ】 第26回 Neutron環境構築編
2016.9.23
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第6回 きれいなログにするためのLinuxお作法
2016.9.16
【OpenStackチャレンジ】 第25回 Nova環境構築編
2016.9. 9
【OpenStackチャレンジ】 第24回 Cinder環境構築編
2016.9. 2
【OpenStackチャレンジ】 第23回 OpenStackコミュニティ~翻訳編
2016.8.26
【OpenStackチャレンジ】 第22回 Glance環境構築編
2016.8.19
【検証自動化】第4回 Selenium IDEでテストケースを記録・実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【前編】
2016.8. 9
【OpenStackチャレンジ】 第21回 OpenStackコミュニティ 日本語翻訳チーム参加編
2016.8. 5
【OpenStackチャレンジ】 第20回 構成管理ツール「Ansible」を用いたOpenStack上のサーバ構築
2016.7.29
【検証自動化】第3回 IT検証フォーラム2016に出展しました!
2016.7.22
【OpenStackチャレンジ】 第19回 OpenStack Upstream Training編
2016.7.15
【検証自動化】第2回 TestShell+TestCenter連携編
2016.7. 8
【OpenStackチャレンジ】 第18回 HEAT紹介編
2016.7. 4
QNAP紹介(Dockerコンテナ&OpenStack Swift連携)
2016.6.26
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第5回 GitHubを使いこなそう
2016.6.19
【OpenStackチャレンジ】 第17回 Zabbix環境構築編
2016.6.12
【検証自動化】第1回 TestShell編
2016.6. 5
【OpenStackチャレンジ】 第16回 Mirantis 「OpenStack FUEL管理」セミナー紹介編
2016.5.29
【OpenStackチャレンジ】 第15回 Swift環境構築編
2016.5.22
【OpenStackチャレンジ】 第14回 Keystone環境構築編
2016.5.15
【OpenStackチャレンジ】 第13回 Mirantis OpenStack紹介編
2016.5. 2
【OpenStackチャレンジ】 第12回DevStack~ Ironic環境構築編
2016.4.24
【OpenStackチャレンジ】 第11回 インフラエンジニア必見のOpenStackセミナーを開催しました!
2016.4.17
【OpenStackチャレンジ】 第10回 OpenStack Mitaka紹介編
2016.4.10
【Linuxを使いこなす】 CentOSのローカルリポジトリを構築しよう
2016.4. 3
【OpenStackチャレンジ】 第9回 仮想マシンが起動するコンピュートノードを指定してみよう
2016.3.29
【OpenStack チャレンジ】 第8回 ゲストマシンの性能比較をしてみました!
2016.3.19
【OSC2016】第3回 ChatOpsでOpenStackをAPIから制御する
2016.3.12
【OSC2016】第2回Let'sChat Hubot編
2016.3. 4
【OSC2016】第1回ChatOpsの構築
2016.1.31
【OpenStackチャレンジ】 第7回 DevStack~All-In-One Single Machine編
2016.1.22
【OpenStackチャレンジ】 第6回 policy.json紹介編
2016.1.13
【OpenStackチャレンジ】 第5回 Ceilometerについて知ろう!
2016.1. 8
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第4回 VMware基本動作編
2015.12.24
【1年間ありがとう!】2015年度エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2015.12.18
【SDNチャレンジ】 第29回 Mininet編
2015.12.14
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第3回 VMwareインストール編
2015.12.10
【OpenStackチャレンジ】第4回 ConoHaでOpenStack環境を構築!
2015.12. 4
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第2回 VirtualBox基本動作編
2015.12. 4
【OpenStackチャレンジ】 第3回 OpenDaylight(Lithium)との連携に挑戦!
2015.11.27
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第1回 VirtualBoxインストール編
2015.11.20
【SDNチャレンジ】 第28回 WiresharkでOpenFlowを解析しよう!
2015.11.15
OpenStackの技術者認定資格「OPCEL認定試験」に合格しました!
2015.11. 9
「Windows Server 2003」から「Windows Server 2012 R2」への移行に不安を抱えるお客様へ
2015.11. 6
【SDNチャレンジ】 第27回 OpenMUL編
2015.10.30
【SDNチャレンジ】 第26回 ONOS-BGPルータ編
2015.10.23
【SDNチャレンジ】 第25回 ONOS GUI編 / [告知]10/24(土),25(日)にOSCに出展します!
2015.10.16
【SDNチャレンジ】 第24回 ONOSインストール編
2015.10. 9
【SDNチャレンジ】 第23回 OpenDaylightユーザ会に参加しました/Lithiumインストール編
2015.10. 2
【SDNチャレンジ】 第22回 Trema-edge編
2015.9.29
【OpenStackチャレンジ】 番外編 10/26(月)からLPI-Japanの「OPCEL認定試験」がスタートします!
2015.9.25
【SDNチャレンジ】 第21回 POX編
2015.9.18
【OpenStackチャレンジ】 第2回 コンポーネント紹介編
2015.9.11
【SDNチャレンジ】 第20回 Floodlight編
2015.9. 4
【OpenStackチャレンジ】 第1回 OpenStackインストール編
2015.9. 3
【ウェブサイトのロードテストをする】 最終回 Siege編
2015.8.28
【SDNチャレンジ】 第19回 Raspberry Piでユースケースに挑戦!
2015.8.21
【SDNチャレンジ】 第18回 OF-Patch動作編
2015.8.13
【SDNチャレンジ】 第17回 OF-Patch紹介編
2015.8. 7
Windows10をインストールしてみました!
2015.8. 4
【ウェブサイトのロードテストをする】 第3回 Tsung編
2015.7.31
【SDNチャレンジ】 第16回 Ryuコントローラインストール編
2015.7.25
【SDNチャレンジ】 第15回 Open vSwitch性能試験編
2015.7.17
【SDNチャレンジ】 第14回 Tcpreplay編
2015.7.17
RedHat OpenStack 管理者認定試験に合格しました!
2015.7.11
【SDNチャレンジ】 第13回 Vyattaコントローラ REST API編
2015.7. 3
【SDNチャレンジ】 第12回 Vyattaコントローラ動作編
2015.7. 1
【ウェブサイトのロードテストをする】 第2回 curl-loader編
2015.6.26
【SDNチャレンジ】 第11回 OpenDaylight動作編②
2015.6.19
【SDNチャレンジ】 第10回 OpenDaylight動作編①
2015.6.18
【ウェブサイトのロードテストをする】 第1回 Apache JMeter編
2015.6.12
【SDNチャレンジ】 第9回 リピーターハブとラーニングスイッチの動作比較編
2015.6. 5
【SDNチャレンジ】 第8回 Tremasharkインストール編
2015.5.25
【SDNチャレンジ】 第7回 帯域制御・ファイアウォール・パケット書換え編
2015.5.22
【SDNチャレンジ】 第6回 ラーニングスイッチ作成編
2015.5.15
【SDNチャレンジ】 第5回 Raspberry Pi2にOpen vSwitchをインストール
2015.5. 8
【SDNチャレンジ】 第4回 5/13(水)、14(木)、15(金)の展示会にて検証自動化デモを実施します!
2015.4.27
【SDNチャレンジ】 第3回 Tremaリピーターハブ編
2015.4.21
【SDNチャレンジ】 第2回 OpenFlowコントローラ作成編
2015.4.14
【SDNチャレンジ】 第1回 Tremaインストール編
2014.8.20
【注意!】8月13日のWindows Updateを適用すると起動できなくなる事例が報告されています!
2014.5.23
約6割の企業が悩んでいるのに、対策しないんですか...?
2014.1. 9
新年あけましておめでとうございます。
2013.12.24
2013年エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2013.12.17
コミュニケーション「活性化」の第一歩
2013.10.29
なぜ儲かっているのか分からない!?
2013.10.15
「何を変えるのか、何に変えるのか、どのように変えるのか」
2013.9.17
ブラック企業にドラッカーがアドバイスするとしたら?
2013.9. 4
蟻の穴から堤も崩れる
2013.8. 6
派閥じゃなくて、理念の元に仕事をしよう!
2013.7.31
知識は使ってナンボです!
2013.7.30
御社の相互理解度はどれくらい?
2013.7. 3
何故、それが読まれたか~上半期・エンジニアブログ閲覧数ランキング~
2013.6.12
「何」を知っているかではなく、「誰」が知っているか
2013.5.28
戦後、人間尊重の信念を貫きとおした1人の経営者がいた!
2013.5.24
健康な心が、健康な会社を作る。
2013.4.26
『社長にはもうついていけません・・・』
2013.4.23
仕事と生活をバランスさせるには?
2013.4. 2
組織に必要なのは「ゆらぎ」と・・・?
2013.3.21
代表小林、バングラディシュの地に再度降り立つ
2013.3.14
色々作っちゃいました!
2013.3. 5
「心のバランスシート」に着目していますか?
2013.2. 6
Office2013発売!で、何が変わった?
2013.2. 1
「想いを語る夕べ」が新宿から30分の場所で開催可能に!
2012.12.25
エンジニアブログ番外編:決戦は「ひなたかなた」
2012.12.19
2012年エンジニアブログ&Facebook閲覧数ランキング発表!
2012.11.29
プロセス見直すのはいいけれど...大事なこと忘れてません?
2012.10.31
「仕事」と「個々の生活」の両立~ワーク・ライフ・バランス~
2012.10.26
Windows8発売!で何が起こる?
2012.10. 9
腹が減っては打ち合わせは出来ぬ?~アドック近辺ランチスポット・カフェ編~
2012.10. 2
iPhone5発売!LTE普及には切実な背景が...
2012.9.12
「だれを選ぶか」をまず決めて、その後に「何をすべきか」を決める。
2012.8.17
会社を回すのに大事な3つの感覚。
2012.8. 7
プロジェクトはたいてい失敗に終わるんです。
2012.7.19
『目の前に壁があったら、突き破るしかねえんだよ』by鬼塚
2012.7. 2
大手企業も多数協賛する「東京経営塾」の塾長とは!?
2012.6.15
メンタルヘルスケアジャパン2012報告!
2012.6. 4
御社の理念浸透力はどれくらい?!
2012.5.14
メンタルヘルスケアジャパン2012参加のお知らせ
2012.4.27
東京スカイツリーと地デジとADOC
2012.4.17
マイボトル・マイカップキャンペーン/エンジニアブログ1周年記念
2012.3.14
第1回「想いを語る夕べ」体験会レポート~伝えることの難しさ~
2012.2.29
想いを語る夕べ報告書を新聞にしちゃいました!
2012.2. 6
月刊『ニュートップリーダー』に記事掲載&"想いを語る夕べ"体験会やります!
2012.1.31
【第4回】想いを語る夕べ~フォロー編~
2012.1.23
タニタの社員食堂は"トップの想い"から生まれた!?
2012.1.13
【第3回】想いを語る夕べ~実施編~
2011.12.27
オフィスで簡単エクササイズ!
2011.12.13
【第2回】想いを語る夕べ~準備編~
2011.11.24
【第1回】想いを語る夕べ~誕生編~
2011.11.17
「責任感だけで仕事をしていた・・・。」が「自らサービスを作り上げ、喜びを感じたい!」という熱い想いに変わるまで
2011.11. 8
アドックインターナショナルはGoogleのまわし者!?
2011.10.11
あなたのその行動、誰かに監視されてませんか?
2011.9.28
たったこれだけのことで、チームに一体感が生まれる!?
2011.9.22
ADOCersがITS健康保険組合の野球大会に出場します!
2011.9.21
アドックに入社するとコンサートホールで歌えてグァムに行けるってホント?
2011.8.30
アドック社員元気の素!?
2011.8.16
電力使用制限発動!罰金は100万円!?PC電力管理ソフトのススメ
2011.8. 9
「ネットトラブル調査隊」対象エリア拡大しました!(後日談付き)
2011.8. 1
Windows7にはメールソフトが付いてない!?
2011.7.22
「社長の想いを語る夕べ」プログラムのご紹介
2011.7.12
64ビット版Windowsへの移行について
2011.7. 8
検証やテストを自動化する際に気を付けなければいけない3つの事
2011.7. 5
地デジと周波数再編とADOC
2011.6.29
アドックインターナショナルの節電対策とスーパークールビズ
2011.6.27
あるレンタカー事業会社のケース
2011.6.20
ラボルームのご紹介
2011.6.17
Interop Tokyo 2011に行ってきました!
2011.6. 7
ADOCの保守サービスと震災対応
2011.5.31
"メンタルヘルスケア・ジャパン2011"レポート
2011.5.19
「おばあちゃん家」
2011.5.11
スマートフォンは急速に普及している・・・?
2011.5. 9
ADOCの品質改善活動への取り組み事例をご紹介
2011.4.19
ADOCのお花見と節電への取り組み
2011.4. 6
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!その2
2011.3.31
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!
2011.3.28
弊社パートナーが被災地支援のサービス開始
2011.3.25
震災により表面化した携帯通信網の弱さ
2011.2.28
エンジニアブログスタートのお知らせ
カテゴリー
月別アーカイブ

<