【OSC2016】第3回 ChatOpsでOpenStackをAPIから制御する

2016.3.19


はじめに

sime.jpg

前回記事ではチャットルーム上でユーザーが話しかけるとBOTが応答するシステムの構築方法を紹介しました。今回はチャット上から話しかけることでOpenStackを制御する方法を紹介していきます!

ADOCでは社員向けのLinux学習用サーバをOpenStackで構築しています。
予め決まった数のVMを立てておき、普段はshutdown状態としています。利用者が学習したいと思ったら、VMを初期化⇒VM起動を行い、使用するルールにしています。
今回はそれら一連の動作をチャットから自動実行できる処理を作成していきます。

シーケンス図で全体の流れを確認 

今回実施する処理のシーケンス図を作成しました。
全体の流れを説明していきます。
① ユーザが「サーバ起動」と話しかけることで、hubotがシェルスクリプトを起動させます。
② OpenStackにトークン発行のAPIを投げて、その応答を格納します。
③ 現在のVM一覧を取得するAPIを投げて、その応答からVMのuuid、status、IPアドレスを取得します。
④ ③で取得した内容からshutdown状態のVMを特定します。
⑤ ④で特定したVMを初期化します
⑥ ④で特定したVMを起動させます。
最後に処理が完了したメッセージをユーザに応答して処理は終了となります。

シーケンス図_5.png

① サーバを起動

$ cd opt/myhubot/scripts/
$ vi openstack.coffee

以下を記載します。

module.exports = (robot) ->
  robot.hear /サーバ起動/, (msg) ->
    @exec = require('child_process').exec
    command = "sh /home/pi/osc2016/Rebuild.sh"
    @exec command, (error, stdout, stderr) ->
      msg.send error if error?
      msg.send stdout if stdout?
      msg.send stderr if stderr?

サーバ起動という発言を契機として、/home/pi/osc2016/Rebuild.shを呼び出しています。

② トークンを取得しよう

ここからは/home/pi/osc2016を作業ディレクトリとして、そこで実行することを前提としています。

$ mkdir /home/pi/osc2016

トークンの取得方法を紹介します。

export token=`curl --include -s -X POST -H "Content-Type: application/json" -d '{
    "auth": {
        "identity": {
            "methods": [
                "password"
            ],
            "password": {
                "user": {
                    "domain": {
                        "name": "Default"
                    },
                    "name": "osc2016",
                    "password": "osc2016"
                }
            }
        }
    }
}' 'http://192.168.137.100:5000/v3/auth/tokens' | grep X-Subject-Token | awk '{print $2}'`

curlコマンドでトークンを取得して、その内容を環境変数「token」に格納しています。

今回はKeystoneのv3 APIを使用しました。
v3ではHTTPヘッダーにトークンが記載されます。
curlコマンドはオプションを付けずに実行するとbody部が応答されます。今回はヘッダー部分に書かれているトークンが欲しいため、--includeオプションを付けてヘッダーを表示させ、grepとawkでトークンのみを取り出しています。

③ VM一覧とその状態を取得しよう

List details for servers APIをつかいます。
このAPIはnova showコマンドを全VM分取得するのと同等の情報を一度に得ることができます

curl -s -X GET -H "X-Auth-Token: $token" "http://192.168.137.100:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/detail" > /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt

取得した情報からuuid、status、フローティングIPアドレスをそれぞれ取り出し格納します。
JSON形式から特定の値を取り出すのにjqコマンドを使用しています。
serverのuuidを取得します。

export server01_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server01")) | .[].id'`
export server02_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server02")) | .[].id'`
export server03_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server03")) | .[].id'`
export server04_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server04")) | .[].id'`

serverのstatusを取得します。

export server01_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server01")) | .[].status'`
export server02_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server02")) | .[].status'`
export server03_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server03")) | .[].status'`
export server04_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server04")) | .[].status'`

serverのフローティングIPアドレスを取得します。

export server01_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server01")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`
export server02_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server02")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`
export server03_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server03")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`
export server04_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server04")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`

これで、uuid,status,フローティングIPが格納できました!

④ 未使用のVMを特定しよう

VM一覧から未使用のVMを特定していきます。

if [ ${server01_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server01 $server01_id $token $server01_addr
elif [ ${server02_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server02 $server02_id $token $server02_addr
elif [ ${server03_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server03 $server03_id $token $server03_addr
elif [ ${server04_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server04 $server04_id $token $server04_addr
else
echo "ごめんよー。今サーバはいっぱいみたいなんだ。"
fi

OpenStackでは、シャットダウンされているVMのstatusはSHUTOFFとなります。
それをIF文で判定しています。

すべてのVMがSHUTOFFではない場合は、hubotのりひこちゃんに「ごめんよー。今サーバはいっぱいみたいなんだ。」と通知させています。

⑤ 未使用VMを初期化しよう

ここからは④で呼び出されるrebuuild_common.shを作成していきます。

VMの初期化を実施します。 ダッシュボードの操作では「インスタンスの再作成」に相当する操作となります。 Rebuild server APIを使用します。

curl -s -X POST -H "Content-Type: application/json" -H "X-Auth-Token: $3" -d '{
 "rebuild": {"imageRef": "e5b995d8-3141-4efa-a1f2-8e8ad4268f87"}
}' "http://192.168.137.100:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2/action" >> /home/pi/osc2016/Rebuild_log.txt

export server_status="null"

while [ ${server_status} != "SHUTOFF" ]
do
   export server_status=`curl -s -X GET -H "X-Auth-Token: $3" "http://192.168.137.100:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2" | jq -r ' .[].status'`
   echo "$1の状態を確認中・・・$server_status"
done

このAPIは非同期処理のAPIとなっています。OpenStackは即座に受け付けた旨の応答(202 Accepted)を返しますが、処理はまだ完了していません。 処理が完了したかどうかは状態取得のAPIを発行して確認する必要があります。
Rebuildの進捗を先ほどの「③VM一覧とその状態を取得しよう」の要領で取得して、whileループでチェックさせています。

⑥ VMを起動しよう

VMの起動にはStart server APIを使用します。

echo "$1の電源を投入"
curl -s -X POST -H "X-Auth-Token: $token" -H "Content-Type: application/json" -d '{
     "os-start": null
}' "http://192.168.137.100:8774/v2/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2/action"

while [ ${server_status} != "ACTIVE" ]
do
   export server_status=`curl -s -X GET -H "X-Auth-Token: $3" "http://192.168.137.100:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2" | jq -r ' .[].status'`
   echo "$1の状態を確認中・・・$server_status"
done

echo "サーバが起動したよ。IPアドレスは$4だよー。ログインしてみてネ"

Start server APIも非同期処理のため、本当にVMが起動するかどうかwhileループ等でチェックしましょう。
VMが起動するとstatusがACTIVEになります。
ちなみに、OpenStackでVMのstatusがACTIVEになるのは、ブートローダーが動き出したタイミングとなります。
OSが起動してログインできるようになるまでまだ時間がかかるため、本当にログインできるタイミングが知りたければVMにログインしたり、SSH(22番)をポートスキャンしたりして確認する必要があります。

①から④の一連のスクリプトをRebuild.shとしてまとめておきます。
⑤から⑥の一連のスクリプトrebuild_common.shとしてまとめておきます。
※実際に運用するには、他にもさまざまな異常系、準正常系の処理を入れ込む必要があります。

シェルの全文は以下にのようになります。

Rebuild.sh

#!/bin/bash

#トークンを取得しよう
export token=`curl --include -s -X POST -H "Content-Type: application/json" -d '{
    "auth": {
        "identity": {
            "methods": [
                "password"
            ],
            "password": {
                "user": {
                    "domain": {
                        "name": "Default"
                    },
                    "name": "osc2016",
                    "password": "osc2016"
                }
            }
        }
    }
}' 'http://192.168.137.100:5000/v3/auth/tokens' | grep X-Subject-Token | awk '{print $2}'`

#VM一覧とその状態を取得しよう
curl -s -X GET -H "X-Auth-Token: $token" "http://192.168.137.100:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/detail" > /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt

#serverのuuidを取得します
export server01_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server01")) | .[].id'`
export server02_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server02")) | .[].id'`
export server03_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server03")) | .[].id'`
export server04_id=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server04")) | .[].id'`

#serverのstatusを取得します
export server01_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server01")) | .[].status'`
export server02_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server02")) | .[].status'`
export server03_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server03")) | .[].status'`
export server04_status=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server04")) | .[].status'`

#serverのフローティングIPアドレスを取得します
export server01_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server01")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`
export server02_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server02")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`
export server03_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server03")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`
export server04_addr=`cat /home/pi/osc2016/listServersDetails.txt | jq -r '.servers | map(select(.name == "server04")) | .[].addresses.private_network | map(select(."OS-EXT-IPS:type" == "floating")) | .[].addr'`

#未使用のVMを特定しよう
if [ ${server01_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server01 $server01_id $token $server01_addr
elif [ ${server02_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server02 $server02_id $token $server02_addr
elif [ ${server03_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server03 $server03_id $token $server03_addr
elif [ ${server04_status} = "SHUTOFF" ]; then
/home/pi/osc2016/rebuild_common.sh server04 $server04_id $token $server04_addr
else
echo "ごめんよー。今サーバはいっぱいみたいなんだ。"
fi

rebuld_common.sh

#!/bin/bash
echo "$1をリセットしてるよー。データは消えます。キリッ"

#未使用VMを初期化
curl -s -X POST -H "Content-Type: application/json" -H "X-Auth-Token: $3" -d '{
 "rebuild": {"imageRef": "e5b995d8-3141-4efa-a1f2-8e8ad4268f87"}
}' "http://192.168.137.100:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2/action" >> /home/pi/osc2016/Rebuild_log.txt

export server_status="null"

while [ ${server_status} != "SHUTOFF" ]
do
   export server_status=`curl -s -X GET -H "X-Auth-Token: $3" "http://192.168.137:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2" | jq -r ' .[].status'`
   echo "$1の状態を確認中・・・$server_status"
done

#VMを起動
echo "$1の電源を投入"
curl -s -X POST -H "X-Auth-Token: $token" -H "Content-Type: application/json" -d '{
     "os-start": null
}' "http://192.168.137.100:8774/v2/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2/action"

while [ ${server_status} != "ACTIVE" ]
do
   export server_status=`curl -s -X GET -H "X-Auth-Token: $3" "http://192.168.137:8774/v2.1/0980473b5d844407bf7cc8b724f02e7a/servers/$2" | jq -r ' .[].status'`
   echo "$1の状態を確認中・・・$server_status"
done

echo "サーバが起動したよ。IPアドレスは$4だよー。ログインしてみてネ"

echo `date +%s` > /home/pi/osc2016/$1_start_time.txt

 それでは実際にLet's Chatでサーバー起動とチャットしてみましょう。

blog03.png

サーバーが起動しました!

おわりに

オープンソースカンファレンスの出展内容を3回に渡ってお送りしました。
他の出展者の皆様も面白い展示をたくさんしておられて、私たちも負けてはおれません。今後も続けていきたいと思います。

最後までお付き合いを頂き、ありがとうございました。

文:天野 知樹

ブログ3.jpg



OpenStackと同じカテゴリーの記事


SDN/NFVと同じカテゴリーの記事



RSS
最近のエントリー
2017.4.21
【検証自動化】第6回 AT-CLabを使ってみる
2017.4.21
【OSSチャレンジ】第4回 Elasticsearch紹介
2017.4. 7
【OSC2017 Tokyo/Spring】OpenStackを宇宙で!?
2017.3.28
【OSSチャレンジ】 第3回 Bacula紹介:後編
2017.3. 9
【OpenStackチャレンジ】 第29回 Ocata紹介編
2017.2.24
【OSSチャレンジ】 第2回 Docker紹介編
2017.2.20
【OSSチャレンジ】 第1回 Bacula紹介:前編
2017.2. 1
【体験記】最後のフロンティア!? ~ミャンマー 体験記~
2017.1.18
【データベース】pgpool-IIによるDBサーバ負荷分散
2016.12.16
【ログ解析】第2回Splunkのログ解析
2016.12. 9
LPIC304 体験記
2016.11.19
【OSC2016 Tokyo/Fall】VRとOpenStackを連携
2016.11.11
【次世代通信技術】 第1回 5G入門編
2016.10.28
【ログ解析】第1回Splunkの紹介と起動
2016.10.21
【OpenStackチャレンジ】 第28回 Stackalytics登録編
2016.10.14
【OpenStackチャレンジ】 第27回 OpenStack Newton紹介編
2016.10. 7
【検証自動化】第5回 Selenium IDEで記録したテストをJenkinsのジョブから実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【後編】
2016.9.30
【OpenStackチャレンジ】 第26回 Neutron環境構築編
2016.9.23
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第6回 きれいなログにするためのLinuxお作法
2016.9.16
【OpenStackチャレンジ】 第25回 Nova環境構築編
2016.9. 9
【OpenStackチャレンジ】 第24回 Cinder環境構築編
2016.9. 2
【OpenStackチャレンジ】 第23回 OpenStackコミュニティ~翻訳編
2016.8.26
【OpenStackチャレンジ】 第22回 Glance環境構築編
2016.8.19
【検証自動化】第4回 Selenium IDEでテストケースを記録・実行する ~PC一台でブラウザテストを自動化~【前編】
2016.8. 9
【OpenStackチャレンジ】 第21回 OpenStackコミュニティ 日本語翻訳チーム参加編
2016.8. 5
【OpenStackチャレンジ】 第20回 構成管理ツール「Ansible」を用いたOpenStack上のサーバ構築
2016.7.29
【検証自動化】第3回 IT検証フォーラム2016に出展しました!
2016.7.22
【OpenStackチャレンジ】 第19回 OpenStack Upstream Training編
2016.7.15
【検証自動化】第2回 TestShell+TestCenter連携編
2016.7. 8
【OpenStackチャレンジ】 第18回 HEAT紹介編
2016.7. 4
QNAP紹介(Dockerコンテナ&OpenStack Swift連携)
2016.6.26
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第5回 GitHubを使いこなそう
2016.6.19
【OpenStackチャレンジ】 第17回 Zabbix環境構築編
2016.6.12
【検証自動化】第1回 TestShell編
2016.6. 5
【OpenStackチャレンジ】 第16回 Mirantis 「OpenStack FUEL管理」セミナー紹介編
2016.5.29
【OpenStackチャレンジ】 第15回 Swift環境構築編
2016.5.22
【OpenStackチャレンジ】 第14回 Keystone環境構築編
2016.5.15
【OpenStackチャレンジ】 第13回 Mirantis OpenStack紹介編
2016.5. 2
【OpenStackチャレンジ】 第12回DevStack~ Ironic環境構築編
2016.4.24
【OpenStackチャレンジ】 第11回 インフラエンジニア必見のOpenStackセミナーを開催しました!
2016.4.17
【OpenStackチャレンジ】 第10回 OpenStack Mitaka紹介編
2016.4.10
【Linuxを使いこなす】 CentOSのローカルリポジトリを構築しよう
2016.4. 3
【OpenStackチャレンジ】 第9回 仮想マシンが起動するコンピュートノードを指定してみよう
2016.3.29
【OpenStack チャレンジ】 第8回 ゲストマシンの性能比較をしてみました!
2016.3.19
【OSC2016】第3回 ChatOpsでOpenStackをAPIから制御する
2016.3.12
【OSC2016】第2回Let'sChat Hubot編
2016.3. 4
【OSC2016】第1回ChatOpsの構築
2016.1.31
【OpenStackチャレンジ】 第7回 DevStack~All-In-One Single Machine編
2016.1.22
【OpenStackチャレンジ】 第6回 policy.json紹介編
2016.1.13
【OpenStackチャレンジ】 第5回 Ceilometerについて知ろう!
2016.1. 8
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第4回 VMware基本動作編
2015.12.24
【1年間ありがとう!】2015年度エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2015.12.18
【SDNチャレンジ】 第29回 Mininet編
2015.12.14
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第3回 VMwareインストール編
2015.12.10
【OpenStackチャレンジ】第4回 ConoHaでOpenStack環境を構築!
2015.12. 4
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第2回 VirtualBox基本動作編
2015.12. 4
【OpenStackチャレンジ】 第3回 OpenDaylight(Lithium)との連携に挑戦!
2015.11.27
【いまさら聞けない!エンジニアの基本シリーズ】 第1回 VirtualBoxインストール編
2015.11.20
【SDNチャレンジ】 第28回 WiresharkでOpenFlowを解析しよう!
2015.11.15
OpenStackの技術者認定資格「OPCEL認定試験」に合格しました!
2015.11. 9
「Windows Server 2003」から「Windows Server 2012 R2」への移行に不安を抱えるお客様へ
2015.11. 6
【SDNチャレンジ】 第27回 OpenMUL編
2015.10.30
【SDNチャレンジ】 第26回 ONOS-BGPルータ編
2015.10.23
【SDNチャレンジ】 第25回 ONOS GUI編 / [告知]10/24(土),25(日)にOSCに出展します!
2015.10.16
【SDNチャレンジ】 第24回 ONOSインストール編
2015.10. 9
【SDNチャレンジ】 第23回 OpenDaylightユーザ会に参加しました/Lithiumインストール編
2015.10. 2
【SDNチャレンジ】 第22回 Trema-edge編
2015.9.29
【OpenStackチャレンジ】 番外編 10/26(月)からLPI-Japanの「OPCEL認定試験」がスタートします!
2015.9.25
【SDNチャレンジ】 第21回 POX編
2015.9.18
【OpenStackチャレンジ】 第2回 コンポーネント紹介編
2015.9.11
【SDNチャレンジ】 第20回 Floodlight編
2015.9. 4
【OpenStackチャレンジ】 第1回 OpenStackインストール編
2015.9. 3
【ウェブサイトのロードテストをする】 最終回 Siege編
2015.8.28
【SDNチャレンジ】 第19回 Raspberry Piでユースケースに挑戦!
2015.8.21
【SDNチャレンジ】 第18回 OF-Patch動作編
2015.8.13
【SDNチャレンジ】 第17回 OF-Patch紹介編
2015.8. 7
Windows10をインストールしてみました!
2015.8. 4
【ウェブサイトのロードテストをする】 第3回 Tsung編
2015.7.31
【SDNチャレンジ】 第16回 Ryuコントローラインストール編
2015.7.25
【SDNチャレンジ】 第15回 Open vSwitch性能試験編
2015.7.17
【SDNチャレンジ】 第14回 Tcpreplay編
2015.7.17
RedHat OpenStack 管理者認定試験に合格しました!
2015.7.11
【SDNチャレンジ】 第13回 Vyattaコントローラ REST API編
2015.7. 3
【SDNチャレンジ】 第12回 Vyattaコントローラ動作編
2015.7. 1
【ウェブサイトのロードテストをする】 第2回 curl-loader編
2015.6.26
【SDNチャレンジ】 第11回 OpenDaylight動作編②
2015.6.19
【SDNチャレンジ】 第10回 OpenDaylight動作編①
2015.6.18
【ウェブサイトのロードテストをする】 第1回 Apache JMeter編
2015.6.12
【SDNチャレンジ】 第9回 リピーターハブとラーニングスイッチの動作比較編
2015.6. 5
【SDNチャレンジ】 第8回 Tremasharkインストール編
2015.5.25
【SDNチャレンジ】 第7回 帯域制御・ファイアウォール・パケット書換え編
2015.5.22
【SDNチャレンジ】 第6回 ラーニングスイッチ作成編
2015.5.15
【SDNチャレンジ】 第5回 Raspberry Pi2にOpen vSwitchをインストール
2015.5. 8
【SDNチャレンジ】 第4回 5/13(水)、14(木)、15(金)の展示会にて検証自動化デモを実施します!
2015.4.27
【SDNチャレンジ】 第3回 Tremaリピーターハブ編
2015.4.21
【SDNチャレンジ】 第2回 OpenFlowコントローラ作成編
2015.4.14
【SDNチャレンジ】 第1回 Tremaインストール編
2014.8.20
【注意!】8月13日のWindows Updateを適用すると起動できなくなる事例が報告されています!
2014.5.23
約6割の企業が悩んでいるのに、対策しないんですか...?
2014.1. 9
新年あけましておめでとうございます。
2013.12.24
2013年エンジニアブログ アクセスランキング発表!
2013.12.17
コミュニケーション「活性化」の第一歩
2013.10.29
なぜ儲かっているのか分からない!?
2013.10.15
「何を変えるのか、何に変えるのか、どのように変えるのか」
2013.9.17
ブラック企業にドラッカーがアドバイスするとしたら?
2013.9. 4
蟻の穴から堤も崩れる
2013.8. 6
派閥じゃなくて、理念の元に仕事をしよう!
2013.7.31
知識は使ってナンボです!
2013.7.30
御社の相互理解度はどれくらい?
2013.7. 3
何故、それが読まれたか~上半期・エンジニアブログ閲覧数ランキング~
2013.6.12
「何」を知っているかではなく、「誰」が知っているか
2013.5.28
戦後、人間尊重の信念を貫きとおした1人の経営者がいた!
2013.5.24
健康な心が、健康な会社を作る。
2013.4.26
『社長にはもうついていけません・・・』
2013.4.23
仕事と生活をバランスさせるには?
2013.4. 2
組織に必要なのは「ゆらぎ」と・・・?
2013.3.21
代表小林、バングラディシュの地に再度降り立つ
2013.3.14
色々作っちゃいました!
2013.3. 5
「心のバランスシート」に着目していますか?
2013.2. 6
Office2013発売!で、何が変わった?
2013.2. 1
「想いを語る夕べ」が新宿から30分の場所で開催可能に!
2012.12.25
エンジニアブログ番外編:決戦は「ひなたかなた」
2012.12.19
2012年エンジニアブログ&Facebook閲覧数ランキング発表!
2012.11.29
プロセス見直すのはいいけれど...大事なこと忘れてません?
2012.10.31
「仕事」と「個々の生活」の両立~ワーク・ライフ・バランス~
2012.10.26
Windows8発売!で何が起こる?
2012.10. 9
腹が減っては打ち合わせは出来ぬ?~アドック近辺ランチスポット・カフェ編~
2012.10. 2
iPhone5発売!LTE普及には切実な背景が...
2012.9.12
「だれを選ぶか」をまず決めて、その後に「何をすべきか」を決める。
2012.8.17
会社を回すのに大事な3つの感覚。
2012.8. 7
プロジェクトはたいてい失敗に終わるんです。
2012.7.19
『目の前に壁があったら、突き破るしかねえんだよ』by鬼塚
2012.7. 2
大手企業も多数協賛する「東京経営塾」の塾長とは!?
2012.6.15
メンタルヘルスケアジャパン2012報告!
2012.6. 4
御社の理念浸透力はどれくらい?!
2012.5.14
メンタルヘルスケアジャパン2012参加のお知らせ
2012.4.27
東京スカイツリーと地デジとADOC
2012.4.17
マイボトル・マイカップキャンペーン/エンジニアブログ1周年記念
2012.3.14
第1回「想いを語る夕べ」体験会レポート~伝えることの難しさ~
2012.2.29
想いを語る夕べ報告書を新聞にしちゃいました!
2012.2. 6
月刊『ニュートップリーダー』に記事掲載&"想いを語る夕べ"体験会やります!
2012.1.31
【第4回】想いを語る夕べ~フォロー編~
2012.1.23
タニタの社員食堂は"トップの想い"から生まれた!?
2012.1.13
【第3回】想いを語る夕べ~実施編~
2011.12.27
オフィスで簡単エクササイズ!
2011.12.13
【第2回】想いを語る夕べ~準備編~
2011.11.24
【第1回】想いを語る夕べ~誕生編~
2011.11.17
「責任感だけで仕事をしていた・・・。」が「自らサービスを作り上げ、喜びを感じたい!」という熱い想いに変わるまで
2011.11. 8
アドックインターナショナルはGoogleのまわし者!?
2011.10.11
あなたのその行動、誰かに監視されてませんか?
2011.9.28
たったこれだけのことで、チームに一体感が生まれる!?
2011.9.22
ADOCersがITS健康保険組合の野球大会に出場します!
2011.9.21
アドックに入社するとコンサートホールで歌えてグァムに行けるってホント?
2011.8.30
アドック社員元気の素!?
2011.8.16
電力使用制限発動!罰金は100万円!?PC電力管理ソフトのススメ
2011.8. 9
「ネットトラブル調査隊」対象エリア拡大しました!(後日談付き)
2011.8. 1
Windows7にはメールソフトが付いてない!?
2011.7.22
「社長の想いを語る夕べ」プログラムのご紹介
2011.7.12
64ビット版Windowsへの移行について
2011.7. 8
検証やテストを自動化する際に気を付けなければいけない3つの事
2011.7. 5
地デジと周波数再編とADOC
2011.6.29
アドックインターナショナルの節電対策とスーパークールビズ
2011.6.27
あるレンタカー事業会社のケース
2011.6.20
ラボルームのご紹介
2011.6.17
Interop Tokyo 2011に行ってきました!
2011.6. 7
ADOCの保守サービスと震災対応
2011.5.31
"メンタルヘルスケア・ジャパン2011"レポート
2011.5.19
「おばあちゃん家」
2011.5.11
スマートフォンは急速に普及している・・・?
2011.5. 9
ADOCの品質改善活動への取り組み事例をご紹介
2011.4.19
ADOCのお花見と節電への取り組み
2011.4. 6
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!その2
2011.3.31
復興支援のため東北へ向かっていた弊社の社員2名が戻ってきました!
2011.3.28
弊社パートナーが被災地支援のサービス開始
2011.3.25
震災により表面化した携帯通信網の弱さ
2011.2.28
エンジニアブログスタートのお知らせ
カテゴリー
月別アーカイブ

<